ここから本文です

Facebookの「サブスク」サービス、クリエイターは抵抗感:「信頼を取り戻すのが先」

3/23(土) 8:11配信

DIGIDAY[日本版]

Facebookは、クリエイターにプラットフォームを利用して、サブスクリプションを伸ばしてほしいと思っている。だが、一部のクリエイターは話に乗ろうとしていない。

【記事の画像】Facebookの「サブスク」サービス、クリエイターは抵抗感:「信頼を取り戻すのが先」

Facebookは、サブスクリプション収益の一部をFacebookに分配する代わりに、クリエイターがフォロワーから直接収益を得られる「ファンサブスクリプション(fan subscription)」サービスを提供する。2018年3月に開始されたファンサブスクリプションには、1000人のクリエイターがいて、まだベータテスト中だと、Facebookの広報担当者は述べている。現在は、サブスクリプション収益の100%がクリエイターのものになっている。だが、米DIGIDAYが入手したクリエイター向けサービス利用規約でFacebookが概説しているように、それが近々変わって、Facebookがサブスクリプション収益の30%を受け取る可能性がある。

憤るクリエイター

収益の取り分が、ファンサブスクリプションサービスをめぐる論争の主要なポイントだ。風刺サイト「ザ・ハード・タイムズ(The Hard Times)」の開設者であるマット・セインカム氏は、2月25日にTwitterのスレッドでこの規約への不満を表明した。Facebookはセインカム氏に接触し、サービスを早期に利用できるようにしたが、同氏は関心がないと述べている。

「彼らは、『友人や家族』にフォーカスすることに決め、我々のトラフィックを一夜にして70%減少させた。そして、閲覧するためにすでにサインアップした人々向けの投稿を『あと押しする』代金を求めている。チーム全体が、Facebookで創造的なものをこれまでに二度も構築したという考えをただ笑っていた。彼らはまず、我々の信頼を取り戻すために何か行う必要がある。『収益を100%手にすることができる』という言葉で誘い込んでから、『我々が最大30%もらうかもしれない』と言わないようにすることだ。冗談みたいな話だ」と、セインカム氏はメールに書いている。

セインカム氏が米DIGIDAYに語ったところでは、Facebookが接触して話を持ちかけてきた理由はわからなかったが、おそらくページのゲームとのつながりに関係があると思ったという。

「最大のページではない。ザ・ハード・タイムズのページもあり、そちらは『いいね!』が25万件を超えている。Facebookが『ハード・ドライブ(Hard Drive)』をターゲットにしたのはおそらく、それまで配信が統合されていて、ストリームを同期してきたゲームのページだからだと思う。ゲーム関係に力を注いでいるようだ」と、セインカム氏はメールに書いている。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

DIGIDAY[日本版]

株式会社メディアジーン

デジタルマーケティング戦略情報に特化した
USブログメディア「DIGIDAY」の日本版。
国内外の最新情報を独自視点でお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事