ここから本文です

アイコンタクトを大切に|相手の目を見て話すのは礼儀です【世界が変わる異文化理解レッスン】

3/23(土) 11:02配信

サライ.jp

日本でも、電車の中や混雑した駅の通路を歩いている時に、誤って誰かの足を踏んでしまうことはありますね。そんな時、マナーのある人なら、「あ、ごめんなさい」「すみません」と謝るでしょう。でも、その際、日本人の場合は、謝りの言葉は口にしても特に相手と視線を合わせる努力はしないですませてしまうのではないでしょうか。そして謝られたほうもそれを聞き流すだけで、謝る相手の顔を見ようとは特にしないことが多いのでは。つまり、そこにはコミュニケーションが成立していないのです。成立していなくても、私たちはそのままなんとなくやり過ごしてしまいます。

この点からさらなるtakeaway(教訓)です(※)。外国人と接する際にアイコンタクトを取ることは大切ですが、混雑している場所で行き違う際に外国の人とぶつかってしまったというような場合には、きちんと立ち止まるなり相手に声をかけるなりして、しっかりと相手の目を見て謝りましょう。お辞儀をする習慣のある日本人はとてもマナーが良いと感じる外国人は多いのですが、日本人がやりがちな、小さな声で謝ってそそくさと下を向いたまま行ってしまう態度や目をそらした謝り方は、外国人にとっては失礼に感じられて、そのギャップに驚かれてしまうかもしれません。本当は、日本人同士でも相手の目をきちんと見て謝るほうがお互い気分良く過ごせるのではないでしょうか?

(※:“Takeaway”といえば、以前はイギリス英語で「お持ち帰り用の料理(店)」の意味でしたが、昨今は、「学びのポイント」「覚えておくべき教訓」というような意味でも使われます。例えばミーティングやプレゼンテーションの締めくくりなどに「今日のTakeawayは…」といってまとめることがよくあります。)

文・晏生莉衣(あんじょうまりい)
東京生まれ。コロンビア大学博士課程修了。教育学博士。二十年以上にわたり、海外で研究調査や国際協力活動に従事後、現在は日本人の国際コンピテンシー向上に関するアドバイザリーや平和構築・紛争解決の研究を行っている。

2/2ページ

最終更新:3/23(土) 11:02
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事