ここから本文です

そこには隠れた共通点が! ジェニファー・ロペスが贈られた5つのエンゲージリング

3/23(土) 22:30配信

25ansウエディング

世界中が注目した、ジェニファー・ロペスとアレックス・ロドリゲスの婚約発表。アレックスがインスタグラムに投稿したのは、「彼女はイエスと言ってくれた」というシンプルなキャプションと、二人の手を重ねた、ロマンチックな1枚の写真でした。婚約のニュース自体はもちろん、見逃せないのは、ジェニファーの手に輝いていたエンゲージリング。おそらく10カラットから15カラットのエメラルドカット・ダイヤモンドリングで、推定価格は100万ドルから500万ドル(約1億1,400万円~5億5,700万円)とのこと。

これが見事なリングであることは間違いないものの、素晴らしいダイヤモンドリングを受け取ったのは、これが初めてではないジェニファー。歌手であり、女優であり、オールラウンド・スーパースターである彼女は、これまでに5回の婚約を経験(そのうち、結婚に至ったのは3回)し、すべてスクエアカットorエメラルドカットの驚異的な指輪を贈られてきたのだとか 。

ここで気づくのが、彼女の生き方が誰かに似ているということ。それは、女優のエリザベス・テイラー! 今は亡きエリザベスは実に8回結婚し(そのうちの2回はリチャード・バートンと)、贈られたエンゲージリングには常に注目が集まりました。ということは、ジェニファー・ロペスは21世紀のエリザベス・テイラーということに!?

それはさておき、ジェニファーがこれまでに受け取ったエンゲージリングの数々を振り返ってみましょう。

オジャニ・ノア

ジェニファーが人生初のエンゲージリングをもらったのは、1997年。マイアミのレストランでウェイターをしていたオジャニ・ノアから、10万ドル(約1,100万円)のダイヤモンドリングを受け取りました。しかし、1年ほどで離婚。

クリス・ジャッド

次にジェニファーにエンゲージリングを贈ったのは、バックダンサーだったクリス・ジャッド(「ラブ・ドント・コスト・ア・シング」のミュージックビデオ撮影時に出会ったそう)。2001年に、6桁はするというエメラルドカットのダイヤモンドリングを贈り、めでたく結婚したものの、1年ちょっとで離婚。

1/2ページ

最終更新:3/23(土) 22:30
25ansウエディング

記事提供社からのご案内(外部サイト)

25ansウエディング

ハースト婦人画報社

2018~2019 Winter
2018年12月7日発売

1500円+税

『25ansウエディング』は、人生最大のイベントである結婚を真剣に捉えるふたりのために「真のラグジュアリー・ウエディング」を提案します。年間4種類。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事