ここから本文です

「カモーン!」削減で貝になる。大坂なおみ、無表情モードで初戦突破

3/23(土) 16:50配信

webスポルティーバ

 それは、無表情……あるいは無感情にすら見える佇(たたず)まいだった。

 マイアミ・オープン2回戦、第1セットをヤニナ・ウィックマイヤー(ベルギー)に1ゲームも与えず、わずか22分で奪ったものの、第2セットは一進一退の攻防の末にタイブレークで失う。

【写真】試合前はリラックスした表情の錦織圭

 そうしてもつれ込んだ、ファイナルセット――。大坂なおみは第1ゲームで相手にポイントで先行されるも、その度に淡々とサーブを打つべくベースラインに向かうと、4本のエースを決めてキープする。さらに続くゲームでは、長い打ち合いにもじれることなく、相手のミスも誘いながらブレークを奪い、勝利に大きく前進した。

 ただ、その時にしても、彼女に興奮の色はない。喜びをも禁じ、心の振れ幅を最小限にとどめることで、彼女はネガティブな感情を封じ込めているようだった。 

 大坂が第3セットでこのような“無感情モード”を自身に強いた訳は、第2セットで覚えた悔いにある。

 このセットでの大坂は、第2ゲームで6度のデュースの末にゲームをキープした時、あるいは第5ゲームをやはり6度のデュースを重ねてブレークした時、いずれも「カモーン!」と大きな声を上げた。だが、いずれも直後のゲームを簡単に落とすと、徐々に負の感情に覆われていく。

「ラケットを投げたり、フラストレーションを溜めたり……コーチから言われていたことと正反対のことをしてしまったわ」

 試合後の彼女は、決まりが悪そうな笑みをこぼす。

 だから第2セットの後、彼女は「深く息を吸い、頭の中を整理した」。そうして、2度のグランドスラムタイトルを懐(ふところ)にする世界1位は、感情のスイッチを切った。

 大坂がこの“無感情モード”に入るのは、今回が初めてではない。最近で印象に残っているのは、なんと言っても全豪オープン決勝の最終セットだ。

 この時も、第2セットでマッチポイントを握りながら落とした大坂は、第3セットでは本人曰く「心を空にし、ロボットのように淡々と司令を遂行」した。それには「無駄な感情の消費を避ける」効果があり、彼女が「ずっと取り組んできたこと」だという。同時に、常にポジティブな姿勢を維持し、自らを鼓舞し続けることも、彼女がここ数年留意してきたことだった。

 今回のマイアミ・オープン2回戦に話を戻せば、第1セットは闘志の発露がプラスに働いた。そして第2セットは、高ぶる感情が負に振れた。だからファイナルセットでは、彼女は意識的に「心のスイッチ」を切り替えた。

 冷静と情熱を両端に乗せ、最適な精神状態を求め揺れる心の天秤は、第3セットの中盤でピタリと均衡点を見つけたようだ。

1/2ページ

最終更新:3/23(土) 16:50
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事