ここから本文です

アイスリボン3・31後楽園で巨大パンダと闘う藤本つかさの誓い 「豊田真奈美さん直伝の“あの技”でドーン!と勝ちます!」

3/23(土) 23:03配信

ベースボール・マガジン社WEB

アイスリボン3・31後楽園にはアンドレザ来場も決定!

――伝えたいこと?

藤本 はい。あの技ってホントに深い意味がある技なんですよ。相手の手をクロスするじゃないですか。技を決めて、横になると∞の形になる。パンダに勝って、私はICE×∞(アイスリボンのシングル王座)も諦めてないよっていうこともアピールしたいし、(技をかける過程にある)手と手をつなぐという行為に関しても、伝えたいことが込められてますし。

――それはどんな思いですか?

藤本 伝えたい思い、いっぱいあるんですよ…いや、あった、かな。過去形。やっぱり人間ってちゃんと伝えないとダメなんですよね(遠い目をする)。

――さっきからちょいちょい遠い目をするの、やめてください!

藤本 アハハ! あー、面白い、はぁ(と言ってまた遠い目をする)。まぁそれは置いといて、ティンティンだけじゃなくて、アンドレザ・ジャイアントパンダの来場も決まったんです。

――不倫疑惑の当人が! 藤本さんが来場を呼びかけてましたが、正式決定したんですね。

藤本 はい、3・31後楽園に来ることが決まったみたいなんで。

――息子のラジャ君は来るんですか?

藤本 どうなんでしょう? 来るみたいなことは聞きましたけど。でも、来てほしいですよね。来て、自分の両親にいま何が起きているのか、しっかりと見てもらいたい。

――両親の修羅場を見せられる子どもって情操教育上、良くない気もしますが…。

藤本 修羅場なのかどうなのか。でも、それすらも見たほうがいいと思うんですよ。子どもって親のこと敏感に察知しますから。逆にいま自分のお父さんとお母さんは微妙なのかなって思うなら、ちゃんと知った方がいいんです。という私は両親がケンカしてるのを見たことがないんですけどね。親がそう心がけてたのかもしれないけど。おかげで争い事に無縁な性格になりました。レスラーになるまでは。親の酸いも甘いも知った方がいいんですよ。子供は!

――独身で子どももいない藤本さんがそれを語りますか…。

藤本 うるさい!(苦笑)誰かのため、何かのために闘う人って強いんです。守るものがあったり、私みたいに伝えたいことがあったりとか。そういう人って強いと思うんです。そういう人が試合をすることで感情が揺さぶられるんです。それはパンダも一緒。だから子ども、ラジャ君にも見てほしい。

――わかったような、わからないような…。そもそも何を伝えたいんですか?

藤本 伝えたいことはあるんです。何を伝えたいか、誰に伝えたいか。それは当日まで言わないというか、なんというかごめんなさい。

――最後になって歯切れ悪いですね。

藤本 1人なら言ってもいいんですけど…約束したので言わない。3月31日、ティンティンに勝ってから、それは明らかにします!

――もったいつけますね…。

藤本 人間は選んだ方の人生から選ばなかった方の人生を眺めて、後悔したり安堵したりする生き物なのです。それはパンダも然り。とにかく後楽園で!

4/5ページ

最終更新:3/23(土) 23:03
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事