ここから本文です

佐野史郎、“冬彦さん”大ブームの裏で賀来千香子らと夜中に電話しまくった日々

3/23(土) 13:00配信

週刊女性PRIME

 コミカルな芝居から狂気を帯びた怪演まで。主役も張れば、脇も固める。日本のエンターテイメントに欠かせない俳優・佐野史郎(64)。平成ドラマ史に輝く金字塔、『ずっとあなたが好きだった』('92年・TBS)で、その存在が広く知られるように。マザコン夫“冬彦さん”は、その年の流行語大賞にも選ばれた。

【写真】“冬彦ブーム”を報じる当時の記事「噂のマザコン冬ちゃん、佐野史郎の異常人気」

冬彦を演じることに迷いはなかった

 役者を志し、島根から上京。20歳のときに劇団創設に参加。その後、唐十郎主宰の『状況劇場』へ。

「舞台を10年やって限界を感じ、“もう2度と舞台には立たない”くらいの気持ちで去りました。表現の道や役者をやめるとか、そういうことじゃなかったんだけど」

 音楽が好きで、劇団で作曲などもしていた。その後のバンド活動が縁となり、無声映画『夢みるように眠りたい』('86年)に主演。

「これをTBSの記録さんが見てくれたことがきっかけでお声がけいただき、『はいすくーる落書』('89)のスペシャルに出演しました。僕はもともと江戸川乱歩やゴジラといった幻想怪奇の作品が好きだったんですが、そこで出会ったディレクターさんたちが同好の士で意気投合し、TBSドラマに出演させていただくようになったんです」

 転機となったのは『東京エレベーターガール』('92年)だった。不倫相手の中嶋朋子を冷徹に捨てる役。これがTBSのヒットメーカーで『ずっとあなたが好きだった』のプロデューサー・貴島誠一郎氏の目に留まる。冬彦役のオファーが来た。

「初対面の貴島さんは、“新妻が、マザコン夫が気持ち悪いからと初恋の男と再会し不倫する。どう考えても奥さんが悪いんだけど、これをどうにかマザコン夫のほうを悪く見せたい。それにはどうしたらいいですか?”と、いきなり相談されました(笑)」

 監督、脚本家を交え3時間も話し合ったそう。

「冬彦を演じることに迷いは、全然なかった。俳優の仕事はあくまでも物語を生きること。与えられた役を僕なりに解釈するけれど、それをどう扱ってもらってもかまわない」

 初回は13%で始まったが、視聴率はうなぎ上り。当時は週に2日はリハーサルをしてスタジオ収録に臨んでいた。

「台本の改定案を出したり。視聴者の集中力が切れそうなタイミングには高音の金属的な声を出してみよう、と話し合ったり。かなりフィジカルな作り方でした。賀来千香子さんや野際陽子さんとも“明日のシーン、こういうことなんじゃないかな”など、たくさん話しましたね。まだ携帯電話がないころですから、お互い、夜中に自宅の固定電話でね」

1/2ページ

最終更新:3/23(土) 14:30
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」6/4号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事