ここから本文です

個人能力で劣る日本代表が「4トップに4バックで対応した」のは正しかったのか?

3/23(土) 4:57配信

SOCCER DIGEST Web

吉田、長友、酒井が不在だったならば…。

 つまり、「数的均衡を受け入れる」という日本の選択は結果的に裏目に出たことになる。ただ、世界のスタンダードからすれば、戦術的に必ずしも選択ミスとは言えないのも確かだ。前述した通りJリーグでは最終ラインが数的優位を保つ守り方が一般的だが、そうなるとどうしても中盤から前の人数が制限され、攻撃力が削がれてしまう。そのためヨーロッパのトップリーグでは、あえて数的均衡を受け入れてDFの対応力に託すやり方が主流になりつつあるのだ。2018年1月からベルギーのシント=トロイデンに所属する冨安も試合後、こう語っている。
 
「ベルギーでは相手のFWと1対1になることがすごく多い。やっぱり11番(サパタ)はボールを収める力がありました。そこで1対1を制すことができれば、僕たちの攻撃の時間をもっと増やすことができたと思います。1対1の経験を積むことで駆け引きも覚えていくはずなので、回数を重ねていくしかない」
 

 その冨安は86分、抜ければ1点ものだったサパタとの1対1で身体をしっかり入れて突破をブロックしている。ただ問題は、こうした数少ないシーンを除き、ほとんどの1対1で劣勢を強いられていたことだ。
 
 この3月シリーズの日本代表には吉田麻也、長友佑都、酒井宏樹という3人の主力DFが不参加。ヨーロッパで長く経験を積み、数的均衡に慣れている彼らがいれば話は違ったかもしれないが、守備時は中盤の1人を最終ラインに下げて5バック気味にするなど数的優位を作ったほうがこの日は有効だったのではないか。
 
 年始のアジアカップは酒井、冨安、吉田、長友の4バックが基本形で、現時点ではこれが最終ラインのベストメンバー。それを踏まれば、「場合によっては最後尾も数的均衡を受け入れる」という戦い方は悪くない。しかし、自分たちのメンバー、そして何よりも相手の力量を見極める必要があるだろう。冨安の言う通り、「1対1で勝つこと」が大前提のスタイルだからだ。
 
 6月に森保ジャパンが挑むコパ・アメリカには、高いタレント力を備えた強豪が待ち構えている。個人能力で劣る以上、世界と戦うには柔軟さが求められる。
 
取材・文●白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト編集部)

2/2ページ

最終更新:3/23(土) 4:57
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事