ここから本文です

【コロンビア戦・10番検証】香川真司が森保Jに持ち込んだ日本の「伝統的長所」。出場前後で崩しの質の違いは明白に…

3/23(土) 19:46配信

SOCCER DIGEST Web

個で仕掛けた堂安や中島に対し、香川や乾は伝統的な日本の長所を表現した

 例えば、右サイドに入った乾が中央に運び始めるのを見た香川は、右前方のスペースへと走る。一方で乾は左サイドの中島にあずけると、自らは大きく外側をオーバーラップ。これでコロンビアDF陣は全員がボールウォッチャーになったので、右サイドでステイした香川はフリーだった(乾がクロスを失敗)。
 
 さらにベテランになった香川は、視野を広げ展開力という武器を得た。3度のサイドチェンジを成功させ、左サイドでプレッシャーのかかった局面から、ボックス右の室屋成にピンポイントのミドルパスを送っている。結果的にはスピーディな連動とともに、ダイナミックな展開も発生した。堂安や中島は「個で仕掛ける」という従来の日本のテーマへの回答となったが、逆に香川や乾は伝統的な日本の長所を表現した。
 
 当然森保監督も今後は「個の突破、連係ともに高める」のが目標になる。そこで身をもって連係を引き出す香川という最適なプレーモデルは、改めてチームの伝統継承のためにも必要なことが証明された。他の選手に引き継ぐかどうかは、これからの香川のコンディション次第になる。
 
取材・文●加部 究(スポーツライター)

2/2ページ

最終更新:3/23(土) 20:10
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事