ここから本文です

堂安律、香川投入で「何か変えられそうな雰囲気を感じた」

3/23(土) 6:00配信

フットボールチャンネル

【日本 0-1 コロンビア キリンチャレンジカップ】

 日本代表は22日、キリンチャレンジカップ2019でコロンビア代表と対戦し、0-1で敗れた。堂安律は、コロンビア代表と対等に戦えたと感じており、それだけに無得点という結果を悔やんでいる。

【動画】日本、未来の布陣はこれだ! 4年後の日本代表イレブンを予想

 堂安は「前半は自分たちの思い通りにプレーできていたと思う」と語りつつ、「後半、自分たちがボールを持って相手が少し構えたときに、少しアジアカップに似た現象が起きた」と述べた。

 試合直後のインタビューで、65分から投入されたMF香川真司ともう少し一緒にプレーしたかったと話していた堂安は、「真司くんが入ったときに、何かを変えられそうな雰囲気があったので。だからこそ、もう少し(一緒にプレー)したかったというのが正直な気持ちではありました」と話している。

 強豪と位置づけられるコロンビア代表だが、堂安は「特に、(力の)差は感じなかったという印象」だという。そんな中で後半は打開できずにいた。その理由を堂安は「後ろでダラダラ回している印象に見えてしまうような…」と語った。

「僕はもちろん、狙いながら動いているつもり。けど、見ている人からしたら、そう見えちゃうようなボール回しになっているのかなと思う。最後ロングボールになって、セカンドボールを拾われて、というシーンが後半は続いた」

 また、堂安は「ラストパスのコースが1つしかないという状況が自分自身多かった」と振り返っている。それを改善するためには、「縦パスが入るシーンをもっとみんなが共有しなければいけない」。堂安は、自身が中島翔哉と連動できていないことを指摘しつつ、「チーム全体でここで前を向く、というのがもっと共有されれば、全員が勢いにのって前に飛び込めると思う」と分析した。

 前半は惜しいシュートもあった堂安は、「イメージは良かったんですけど、技術不足」と反省。「決めていればというシーンがアジアカップから何本もあった。それは自分自身の責任」とし、「また3日調整して、次の試合でチャンスがあればまたやりたい」と気持ちを切り替えている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:3/23(土) 6:00
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事