ここから本文です

オープン戦を甘く見てはいけない。阪神はまずは勝ちグセを、やな【岡田彰布のそらそうよ】

3/24(日) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

球界にある負けグセ。オープン戦でつくとやっかい

オープン戦で7試合勝ち星なしから2連勝した阪神。矢野監督もホッとしたはずや。ここから勝ちグセをつけたいな/写真=BBM

 人間、誰しもクセがある。例えば“口グセ”でオレの場合、コラムのタイトルになっている「そらそうよ」。自分では意識していないし、気がついてはいないのだが、よく「そらそうよ」と発しているようなのだ。

 球界には重要なクセがある。それは「勝ちグセ」「負けグセ」よ。このクセはホンマ、気にする。特に「負けグセ」がついてしまうと、ズルズルと落ちていく。逆に「勝ちグセ」がつくと、何でもかんでも好転して、上へ上へと進んでいく。何とかして手に入れたい勝ちグセ……。それはオープン戦でも当てはまる。

 たかがオープン戦、されどオープン戦なわけよね。よくリハーサルやから、負けのことは気にすることはない、と言われるけど、違う。結果は大事なわけで、負けが続くと、自然とチームに負けグセがついてしまう。これが怖いのである。

 もちろん勝ち負けを気にしなくていいチームもある。例えばソフトバンクだったり、広島だったり、力があることは分かっているし、オープン戦で負けが続いても、ジタバタする必要はない、要は中身を重要視すればいいだけのことで、負けグセがつくことはない。でも結果にとらわれるべきチームはある。阪神なんかは、その典型といってもいい。とにかく、昨年は最下位やったわけやし、監督も代わった。心機一転、巻き返しのシーズンを迎え、まずは最下位のイメージを払しょくすることが大事。そのためにはオープン戦で・・・ 本文:2,227文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:3/24(日) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る