ここから本文です

京都のプロが教えるセンス光るお土産、椿シャンプーや懐紙等

3/24(日) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 京都で買いたいお土産は山ほどあるけれど、この春はちょっとセンスが光る小物で勝負。「どこで買ったの?」と聞かれる逸品を選んでみては? そこで、「京都のプロ」にオススメを聞いた。

【写真】独自の技法で作られた陶板画作家の見事な器

◆かづら清老舗 祇園本店
 椿油やハーブエキスを贅沢に使用した弱酸性の『椿ヘアシャンプー』(2160円)は洗い上がりしっとり。天然紅花色素でほんのり色づく『椿りっぷクリーム』(1296円)もおすすめ。髪や肌にやさしく艶やかな仕上がりでリピーターも多い。

「女性にお贈りすると、そのあと皆さん必ず買いに行かはります」(祇園甲部・芸妓、真生さん)

住所:京都市東山区四条通祇園町北側285 
休み:水曜

◆SIONE 銀閣寺本店
 独自の技法で作られた陶板画作家の器は白磁に金彩を施した、繊細なタッチが見事。「BOOK型パッケージも素敵」。『EDABUMI -枝文-』(5940円~)は春の季節にぴったり。こちらは京都コーディネーター、京都観光おもてなし大使の中野弘子さんのおすすめだ。

住所:京都市左京区浄土寺石橋町29 
休み:火曜(不定休あり)

◆辻徳
 お茶席だけでなく、普段からおしゃれに使える懐紙の新しいあり方を提案する店。ポップな柄から古典的なモチーフまで取り揃える。「透かしの入った『漉入れ懐紙』(432円)がお気に入りです」(京都在住でNPO法人京都カラスマ大学学長で文筆家の高橋マキさん)。

住所:京都市左京区岡崎円勝寺町91-101 グランドヒルズ岡崎神宮道 
休み:不定休

※女性セブン2019年3月28日・4月4日号

最終更新:3/24(日) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事