ここから本文です

歯科治療 セラミック、インプラントほか「本当の適正価格」

3/24(日) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 過当競争による歯科医院の倒産が増える一方、増収増益で潤っている医院も多くある。歯科業界の“二極化”を読み解くカギが「自費診療」だ。治療費の金額を歯科医が自由に設定できる自費診療の“儲けのカラクリ”とは──。

 歯科医に経営を指南するコンサルタントたちの動きを見ていて、最近目立つのが、「インプラント」から、「予防歯科」「セラミック」へのシフトである。

◆セラミック 仕入原価は患者の支払額の10分の1

 自然の歯と同じように見える自費診療の「セラミック」は特に女性に人気だ。患者の支払額は都内の相場だと、「12万円前後」だが、この数年、価格破壊が進んでいる。広域医療法人グループなどが、「5万円台」の格安セラミックを仕掛けているのだ。

 この価格を実現するため、中国などの海外にセラミックの技工(製造)を委託する。ある業者のセラミックは、基本価格1万2000円。ここから値引き交渉があって、発注数によって約6000円前後まで落とすという。大手医療法人なら一括で交渉するので、“格安”を謳いながら、患者からもらう費用(5万円台)の10分の1程度で仕入れていると考えられる。

 もう一つの方法は、CAD/CAMシステムの利用だ。AIによって機械が自動で削り出すので効率性が高い。セラミックだと1万2000~1万5000円で仕入れられることが多いようだ。こうして仕入原価の数倍から約10倍の費用を患者に請求して利益を確保していた。

 一方、強度などで課題があるが、外見はほとんどセラミックと見分けがつかない保険の「CAD/CAM冠」は1万5300円(小臼歯)。3割負担なら患者の支払額は5000円弱だ。

◆インプラント 仕入れ原価はやはり10分の1

 かつては、歯科経営の救世主といわれたインプラント。しかし、手術の難易度や付随する周辺機器を揃えるコスト、脱落した時の保証などのリスクなどから、“歯科医のインプラント離れ”が進んでいるという。

1/2ページ

最終更新:3/24(日) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい