ここから本文です

フロリダで連日の耐久レース開催。 アロンソ&中嶋がWEC王者に王手

3/24(日) 7:40配信

webスポルティーバ

 3月のスプリングブレイク(春休み)の真っ最中に、暖かなフロリダで行なわれる恒例のセブリング12時間レース。今年は、スポーツカーの世界耐久選手権(WEC)第6戦のセブリング1000マイルレースが同時開催された。”スーパーセブリング”と名付けられたその週末、コースサイドにモーターホームを停めたり、テントを張ってキャンプをしたりしながら観戦ができるサーキットは、満員のファンによって埋め尽くされた。

【写真】お客さんではなかったアロンソ、トヨタがル・マン初制覇

 WECは今シーズン、2年にまたがるカレンダーを採用している。2018年5月のスパ・フランコルシャン6時間で開幕すると、トヨタが優勝したル・マン24時間などを経て、2019年6月のル・マン24時間をシリーズ最終戦に据えた。長い伝統と圧倒的な知名度を誇るル・マンでチャンピオン争いを決着させることで、シリーズ全体を盛り上げようというアイデアだ。

 そして自ら”スーパーシーズン”と名づけた2018-19シーズン、WECはアメリカでのレースを、アメリカでは一番長い歴史を持つセブリング12時間の開催地で行なうことにした。将来的には、セブリング12時間そのものをシリーズに取り込みたいという思惑もあるようだ。

 WECの目論見は別にして、アメリカ人にとって”スーパーセブリング”のメインイベントは12時間レースのほうだ。WECの1000マイルレース決勝は金曜日の夕方にスタート。そして12時間レースのほうは伝統を守って土曜日の午前スタートとなった。いわばWECはボーナスのようなものなのだ。

 WECにワークス参戦しているのは現在トヨタだけなので、優勝争いはTS050ハイブリッド2台による一騎打ちに。快晴でスタートし、豪雨のなかでのゴールとなったレースに勝利したのは、ポールポジション(PP)も獲得したセバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ組のカーナンバー8だった。

 もう1台のカーナンバー7(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス)は、5時間を経過したころにロペスがコースオフ。マシンにダメージが生じて予定外のピットストップで遅れを取り、挽回することはできなかった。

 これで2018-19シーズンのWECは、2回目となるスパ・フランコルシャン6時間とル・マン24時間を残すだけになった。

 シーズンのここまでを振り返ると、1回目のスパ・フランコルシャンとル・マンは、カーナンバー8がPP獲得を含めた完全優勝。シルバーストーン6時間もカーナンバー8がトップでトヨタの1-2フィニッシュとなったが、ゴール後の車検で両車とも失格になった。続く富士6時間はカーナンバー8がPPを獲得するが、レースではカーナンバー7が優勝。上海6時間では今度はカーナンバー7が完全優勝を果たした。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ