ここから本文です

「ロシアン・ドール」はエンディングに賛否あるが、“完璧に磨かれた宝石”のような輝きがある

3/24(日) 14:11配信

WIRED.jp

テレビの存在意義を問い直すことを余儀なくさせるようなネット配信のドラマが、これまで数多く制作されてきた。なかでも近年最も活気づいているジャンルは、実存主義的な傾向のあるコメディだ。

Netflixは、現代を生きるわたしたちの「教養」だ

米大手テレビネットワークのNBCで放送された「グッド・プレイス」(注1)をはじめ、このジャンルのドラマのメインキャラクターたちは、死後の世界などの錯綜した時間軸を生きている。このため大きな目標に向かって歩んでいるにもかかわらず、意識がたびたび完全に飛んでしまう。視点がリセットされたり時間が巻き戻されたりして、期待はことごとく裏切られるのだ。

言い換えれば、展開が「ジェレミー・ベリミー[編註:「グッド・プレイス」の世界における造語で、死後の世界における非直線的で可逆的な時間の流れを意味する]」なのである。

Netflixのドラマ「ロシアン・ドール:謎のタイムループ」も例外ではない。4、6、7話、最終話の8話の中盤、そしてエンディングで同様の事態が発生する。

物語の展開を暴露することになってしまうため、ここで詳細を伝えることは控える。ただ本作を見た人たちは、視聴中に前提としていた知識が突然ご破算にされるシーンがあったことを覚えているだろう。比喩的な表現にせよ、直接的な表現にせよ、重要なのはそういった瞬間が確かに存在するということだ。

ロシアン・ドールもまた、この手の多くのコメディ作品、特にネット配信のドラマと同様に、こうした手法を視聴者の求める緊迫感が溢れるストーリーにちりばめている。新しい事実が発覚したり説明のない謎が浮上したりするたびに、視聴者は物語にくぎ付けになる。

これらは各話の終盤ではなく序盤で示されることが多いが、ほかにもストーリーを盛り上げる要素はたくさんある。恐ろしい内容にもがく然とする内容にも魅力があるのだ。

完成度はまるで“宝石”

ただし、あるシーンだけは例外だったかもしれない。本作については2019年2月1日に配信が始まってから、実にたくさんの意見に触れてきたが、その大半は「エンディングは好きになれなかった」という主張だ。

エンディングの内容には触れないように説明すると、ロシアン・ドールはこの2年の新作ドラマのなかで、紛れもなく最高傑作といえる(「ホームカミング」は完全新作ではないため除外した。あしからず)。ストーリーは、とある女性(ナターシャ・リオン)が生死のループから抜け出そうとする──というものだ。

その構成は“完璧に磨き上げられた宝石”にたとえられるのではないだろうか。

時空を超越した純真で内省的な筋書きは、『恋はデジャ・ブ』というよりも、失恋の痛みを忘れるため記憶を消去する女性を描いた『エターナル・サンシャイン』に通じるものがある。愛、裏切り、許し、そして街の高級化についての物語だ。また、現実とパラレルリアリティが交錯する「ブラック・ミラー:バンダースナッチ」が狙っているような再帰性や感動も含んでいる。

これらすべての要素を含めるために、本作はエゴを捨てた。視聴者全員がハッピーになるようなエンディングは諦めなければならなかったのだ。

1/3ページ

最終更新:3/24(日) 14:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事