ここから本文です

“スッピン”姿のCAが見れる時代に 英ヴァージン・アトランティック航空がメイクフリー宣言

3/24(日) 22:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

華やかで、上品かつ清楚なメイクをしているキャビンアテンダント。しかし、どの航空会社もメイクを徹底していた時代からスッピン姿のCAも見られる時代に!

【写真】きちんとしていて好感度抜群!「キャサリン妃メイク」10の法則

イギリスの航空会社「ヴァージン・アトランティック航空」が2019年3月、身だしなみとしてキャビンアテンダント(CA)に義務付けしていた“メイク=化粧”を廃止することを発表。

身だしなみの新ガイドラインによると、CAたちは今後、メイクをしなくてもいいが、「リップスティックやファンデーションの使用は歓迎する」としている。このニュースが報じられると、同社の顧客サービス部門のヴァイスプレジデントであるマーク・アンダーソン氏は、そうした変化によりCAたちは「前よりも快適に働くことができる」だけでなく、「職場での自己表現の幅を広げることができる」とコメント。

アンダーソン氏が発表した声明はこちら。

「世界的に有名な赤いユニフォームは、ヴァージン・アトランティック航空で働く全社員にとっての誇りでもあります。我々は航空会社として、常に目立つ存在であり、他の航空会社とは一線を画してきました。ヴァージン・アトランティックのアイコニックなスタイルを維持しつつ、それぞれの従業員が個性を表現できるようなユニフォームを提供したいと思っています。それを叶えるため、従業員からさまざまな意見を集めました。その結果、身だしなみに関するガイドラインを改正することにしたのです」

「新ガイドラインは、職場の快適度をアップさせるだけでなく、職場における自己表現の幅を広げることもできます。世界で最も愛されている航空会社として、すべての従業員が自分らしく働けることを強く望んでいます」

今回アップデートされたのはメイクに関する規則だけではない。同社に入社した女性には今後、ユニフォームとしてスカートの他にズボンも支給されるそう。ちなみに以前は、リクエストした従業員のみにズボンを配っていたという。

ズボンといえば、「ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)」も2016年よりCAのズボン着用をOKにしている。メイクの義務付けはまだ続いているようだが、「ヴァージン・アトランティック航空」の影響を受けて、この動きが航空業界に広まる可能性は大いにありそう。

Translation: Reiko Kuwabara From Cosmopolitan UK

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年5月号
2019年3月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事