ここから本文です

TKO木本「芸能界ウイスキー部」御用達の名店で教えを請う

3/24(日) 11:03配信

SmartFLASH

 いま、空前の「ジャパニーズ・ウイスキー」ブームが到来している。2009年に「角ハイボール」が流行したのをきっかけに、2014~2015年は、NHKの朝の連ドラ『マッサン』が後押し。サントリーの「山崎」「白州」といった、国産シングルモルトも国内外で注目されるようになった。

 芸能界でウイスキーに魅了されているひとりが、お笑いコンビ「TKO」の木本武宏だ。しかし、木本は「海外のウイスキーはよく飲んでいても、日本のクラフトウイスキーはほとんど知りません」と話す。

「サントリーだったら、やはり『白州』と『山崎』が好きですね。ほかの国産では、東亜酒造の『ゴールデンホース』や、南アルプスワインアンドビバレッジの『ロイヤルオーク』なんかは飲んだことがあります。イチローズモルトのものも多少は……。
 
 酒を飲み始めたころは、まだバブルで、カクテルブームが続いてたんで、メロンフィズとかカルーアミルク、カシスオレンジなんかを、ガバガバ飲んでました。ナンパ目的で相方と行くクラブで(笑)。

 ところが、甘い酒がどんどんシンドくなって、それからようやくビールに。酒って『ストレスなく酔える』のが一番で、甘さはストレスになるんですよね。その点、いいウイスキーって体にスーッと入ってくる」

「ウイスキーをもっと深く知りたい!」と積極的な木本を案内したのは、いまウイスキー好きが注目する酒屋「目白田中屋」。タモリ、リリー・フランキーといった「芸能界ウイスキー部」の面々も通い詰める名店だ。

 店長の栗林幸吉さんは2017年4月、『クレイジージャーニー』(TBS系)に出演、尋常ならざるウイスキー愛を天下に披露した。
「スコッチではボウモアとかアードベッグといった、少しクセのあるアイラ系のほうが好き」という木本の好みを聞いた栗林さんは、「女にモテないタイプでしょ(笑)」とバッサリ。

 栗林さんがまず木本にすすめたのは、イチローズモルトが稼働した、2008年に樽詰めされた「カスクサンプル」。樽をまるごと購入した人だけが飲める貴重品だ(現在は販売終了)。「若いけれど、すでに完成されているよね」と栗林さん。

 続いて、栗林さんが木本にすすめたのが、「ダブルディスティラリーズ」の限定品。

「イチローズモルトの原酒と、肥土伊知郎社長の祖父が創業した『羽生蒸溜所』の原酒の掛け合わせ。秩父のミズナラと、羽生のシェリー樽のバランスが見事でしょ」(栗林さん)

1/2ページ

最終更新:3/24(日) 11:03
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事