ここから本文です

昌子源、フランスでの経験を生かす。ファルカオの突破を何度も阻止

3/24(日) 13:20配信

webスポルティーバ

 南米の強豪国をあと一歩のところまで追いつめた、とも言えるし、力の差を見せつけられた、とも捉えられる。

【写真】香川真司は森保Jに何をもたらす?

 3月22日に日産スタジアムで行なわれたコロンビア戦は、敗れたのだから「可」のわけがないし、かといって「不可」の評価を下すほどコテンパンにやられたわけではない。サッカー専門誌の採点方式を借りれば、10点満点中「5.5」をつけたくなるような日本代表のパフォーマンスだった。

 チームの戦いぶりについての評論は他の識者に譲るとして、個人的に注目していたのは、アジアカップからの変化である。準優勝に終わったアジアの戦いから、どのような上積みをもたらせるか――。それが、カタールW杯に続く“これからの戦い”の指針となると考えていたからだ。

 その変化を生み出せるのは、新たな戦力となるだろう。コロンビア戦のスタメンに名を連ねたのは、アジアカップ組が7人、初招集組が1人【鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)】、そして代表復帰組が3人【中島翔哉(アル・ドゥハイル)、山口蛍(ヴィッセル神戸)、昌子源(トゥールーズ)】という内訳だった。

 復帰組のうち、中島は負傷で離脱したアジアカップまで主軸を担っていただけに、「復帰」という言葉でくくるのは当てはまらない。つまり、森保体制下における新戦力は、鈴木、山口、昌子の3人だった。

 なかでもカギを握ると考えていたのは、復帰組の山口と昌子である。ロシアW杯にも出場した経験豊富なふたりが、森保ジャパンのスタイルにどれだけアジャストし、存在感を示せるか。それがこのコロンビア戦の個人的な焦点だった。

 結論から言えば、山口も昌子も、チームの戦いぶりと同様に、「可もなく、不可もなく」のパフォーマンスだった。

 山口は最終ラインの手前のスペースをしっかりとケアし、クサビのボールにも厳しく対応。自由に動くハメス・ロドリゲス番としても機能しており、持ち前の守備力は発揮できていた。

 ただ、かじ取り役としては物足りなさが残った。鋭いクサビを打ち込んで、自らも果敢に前に飛び出していくアジアカップの主軸メンバー、遠藤航(シント・トロイデン)を超えるインパクトを放てたとは言えないだろう。

 一方、昌子はラダメル・ファルカオに自由を与えず、落ち着いたビルドアップや高精度のフィードで味方を走らせるなど、まずまずのパフォーマンスを見せた。

1/3ページ

最終更新:3/24(日) 13:20
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事