ここから本文です

岡村隆史、新庄剛志を草野球チームに入れたら宮本慎也に怒られた

3/24(日) 20:01配信

SmartFLASH

 3月21日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、岡村隆史が、新庄剛志との意外な関係を明かした。

 イチローが引退会見で「草野球を極めたい」と話したことから、岡村は自身が草野球チーム「李・李・李(リーリーリー)」を持っていることを告白。

「李・李・李」には新庄剛志が入っており、そのユニフォームを着て、アメリカで記者会見に参加したことがあるという。

 そこでユニフォームについて聞かれ、新庄は「これは、メジャーリーグより入るのが難しい、日本のベースボールチームだ」と話したという。

 そのチームには宮本慎也、野村克則、高橋由伸らスター選手も参加したことがあり、岡村は「俺はゲッツー失敗して宮本さんにめっちゃ怒られて。『草野球でこんな怒られるか?』って」と笑っていた。

 岡村隆史が、新庄剛志を草野球チームに入れたところ、宮本慎也に「僕に話ないですけど。勝手に入れないで」と怒られたという。さらに「僕は認めてないんですけどね。勝手にそういうのを入れないでもらえますか?」とまで言われたことを明かした。

 現在は活動してないが、岡村は「もし、イチロー選手がやるっていうなら、もう一度」とイチローが加入するなら再開させるプランをぶち上げた。

「李・李・李」には星田英利も参加していた。2013年10月4日のツイッターで星田は「宮本さんが引退。昔に岡村ちゃんが作った草野球チームでチームメートでシーズンオフにご一緒させてもらってから、仲良くさせていただいてん」と宮本の引退をねぎらった。続けて「今、お疲れ様でした、のメールしたら、すぐ返信が。…投げたらすぐ打ち返す、さすがのナイスバッティング!(笑)」とつづっていた。

『オールナイトニッポン』では、岡村はイチローに「体型も全然変わらへんし、年々すごなってるっていう噂もあったから、ほんまに50くらいまでやるのかなと思っていた」とも話していた。両者の何らかの共演にも期待したい。

最終更新:3/24(日) 21:06
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ