ここから本文です

佳子さまICUご卒業 “踊ることは生きること”ダンスレッスンを続けられる理由とは

3/24(日) 6:00配信

文春オンライン

「充実した学生生活を送ることができ、感謝しています」。3月22日、秋篠宮家の次女・佳子さま(24)は、国際基督教大学(ICU)を卒業された。2013年4月の学習院大学入学式では「さまざまな経験をして、視野を広げていけたらと思っています」と述べられた佳子さま。ICUご入学やイギリス・リーズ大学ご留学など、数多くのご経験を糧にされて、佳子さまは今後どのような道を歩まれるのだろうか。学生生活のご足跡を、写真とともに振り返る。

【写真】この記事の写真(20枚)を見る

◆ ◆ ◆

パープルとホワイトで春らしさを演出された佳子さま

 3月22日、佳子さまは角帽にガウン姿でICUの卒業式に臨まれた。今後、大学院進学や就職のご予定はないという。ご卒業後は公務に取り組まれるとみられ、「大学生活で、一つの分野を集中的に学んだ経験も、幅広く学んだ経験もこれからの仕事に活かすことができれば嬉しく思います」と宮内記者会の質問に文書で回答を寄せられている。ガウンの下からのぞくパープルのお召し物と、ヒールの高いホワイトパンプスで春らしさを演出された佳子さま。くっきりと引かれたアイラインとピンクのチーク、ボリュームのある巻き髪は、若々しい佳子さまらしさがご健在であることを物語っているようだった。

秋篠宮さまが佳子さまに話しかけられた一言

「あなたも(ダンスが)好きでしょう?」

 2017年7月、全国高校総合文化祭の開会式に出席されるため、宮城県を訪問された秋篠宮さまと佳子さま。ダンスを披露した女子高校生に「とてもきれいでした」と声をかけられた佳子さまへ、秋篠宮さまが話しかけられた一言だ。

 佳子さまは、学習院女子高等科の頃に八重桜祭で「KYS」というユニットを組んでK-POPのダンスを披露されるなど、長きにわたってダンスに打ち込まれてきた。学習院大学でもダンスサークルへの入会を考えられていたようだが、実現しなかった。

 2015年4月、佳子さまはICUにAO入試で合格され、進学された。学習院大学を中退した理由については「幼稚園から高校まで学習院に通っており、限られた一つの環境しか経験できていないと感じることが多くございました。(中略)学生生活を送る中でやはり別の環境で学びたいという思いがあったことと、先ほどお話しいたしましたように、ICUで学びたいという思いがあり、退学いたしました」(ご成年をお迎えになるに当たっての記者会見)と率直に説明されている。

1/3ページ

最終更新:6/2(日) 22:57
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事