ここから本文です

忘れちゃいけない平成ドラマ37作品、物議を醸した意欲作や「再放送NG?」作品も

3/24(日) 16:00配信

週刊女性PRIME

 高視聴率作だけがドラマじゃない! 数字以上に高評価を得た名作、話題をさらった労作、物議を醸した意欲作……。平成ドラマ史において、忘れるわけにはいかない作品たちを、ドラマ通のコラムニスト・エスムラルダとテレビ解説者の木村隆志が振り返る。

シュールと情念の内館、炎上の野島&遊川

木村 平成前半はフジとTBSに尽きますよね。その2局はキャスティングも先に押さえていましたし。

エスムラルダ(以下、エス) ここ最近はテレビ朝日が元気よね。

木村 テレ朝は、米倉涼子を松本清張3部作“『黒革の手帖』('04年)、『けものみち』('06年)、『わるいやつら』('07年)”で育てましたよね。

エス 平成ドラマといわれたら、初期の内館牧子作品を推したいですね。『クリスマス・イヴ』('90年)とか。『想い出にかわるまで』('90年)なんてラストは家が燃えちゃう(笑)。

木村 それをみんなで見つめながら、エンディングにダイアナ・ロス。すごいシュール(笑)。

エス 姉(今井美樹)の結婚相手(石田純一)を奪う妹が松下由樹でね。

木村 名作ですよ。内館さんはその後の『週末婚』('99年)でも、やはり姉妹ドロドロをやってて。

エス 初期のころはプロデューサーがうまく手綱を引いていたんだろうけど、『週末婚』以降は内館さんの暴走をコントロールできる人がもういなかったんじゃない?

木村 後期はドラマとして破綻しているものも。僕は、平成初期にハズせないのは野島伸司さん。作風がガラリと変わっていったのがおもしろい。平成は『愛しあってるかい!』('89年)に始まり、月9の『すてきな片想い』('90年)という超純愛。

エス そして『101回目のプロポーズ』('91年)。

木村 でも『愛という名のもとに』('92年)でチョロ(中野英雄)の自殺に味をしめちゃって(笑)。PTA猛反対の炎上路線を突き進むんですよね。『高校教師』('93年)、『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』('94年)とか。でも、ちょっとピュアに戻って『ゴールデンボウル』('02年)とか。

 その一方で木村拓哉さん主演の『プライド』('04年)もやってるし。何でもアリ。野島さんは、もう地上波に戻ってこないだろうと言われていたのに結局、誘われて戻っちゃったところが好きです。

エス 昨年の『高嶺の花』ね(笑)。わりとオーソドックスでしたよね。

木村 結局、野島さんは純愛が書きたいんでしょうね。“究極の愛とは何ぞや”みたいな。

1/4ページ

最終更新:3/24(日) 16:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」4/30号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事