ここから本文です

バイン氏、大坂の“因縁の相手”コーチ就任? 「目撃情報」を海外メディア続々報道

3/24(日) 14:21配信

THE ANSWER

マイアミOPでムラデノビッチ陣営と接触する様子を仏メディア目撃

 女子テニスの世界ランク1位・大坂なおみ(日清食品)とのコーチ関係を解消したサーシャ・バイン氏にコーチ復帰の可能性が浮上している。海外メディアが“目撃情報”を報じており、その相手に世界ランク68位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)の名前が挙がっている。

【画像】バイン氏がマイアミにいた!? “目撃情報”を報じたドイツメディアが取り上げた実際の写真「何を物語るのかは分からないが…」

 ムラデノビッチの母国、フランス紙「レキップ」は21日付の記事で、現在行われているマイアミ・オープンで、バイン氏がムラデノビッチ―王雅繁(中国)の試合を観戦し、同氏が選手ラウンジでムラデノビッチ陣営の関係者と話している姿を目撃したと記した。

 さらに同日、バイン氏の母国ドイツのテニス専門サイト「Tennisnet」は「サーシャ・バイン、コーチ業に復帰?」との見出しで記事を展開。「これまでに成功を収めてきたサーシャ・バイン、新たな仕事を見つけた?」とつづっている。

 記事では、ATP関係者がツイッターで大会の練習会場に現れたバイン氏の写真とともに「Kiki(ムラデノビッチの愛称)と一緒に働いている人物を見よ…」と投稿したことを紹介した上で、このように言及している。

大坂がコーチ関係解消後の初戦で敗れた“因縁”のムラデノビッチ

「数時間前からネットに出回っているこの写真が何を物語るのかは分からないが、数週間前までナオミ・オオサカのコーチとして手腕を発揮してきたサーシャ・バインがクリスティナ・ムラデノビッチの父であるドラガン氏とコートで目撃されている」

 さらに「現時点では、バイン氏がムラデノビッチの指導を引き受けるのかどうか、(受けた場合)どのような役割を担うのかは憶測だけの状況だ」と報じている。

 ムラデノビッチといえば、全豪オープンで優勝した大坂がバイン氏とコーチ関係解消後、大きな注目を集める中で2月のドバイ選手権初戦で対戦し、敗れた“因縁”の相手でもある。

 奇しくも不思議な縁のある25歳をバイン氏が指導することになるのか、大坂を世界女王まで育て上げた名コーチとあって、その去就に熱視線が集まっている。

THE ANSWER編集部

最終更新:3/24(日) 16:39
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事