ここから本文です

アイドル・指原莉乃からのラストメッセージ!「週プレさんって昔はクレイジーでしたよね? 良い意味で(笑)」

3/24(日) 13:00配信

週プレNEWS

4月28日(日)に横浜スタジアムで行なわれるコンサートをもって、アイドルを卒業する指原莉乃。

3月25日発売(月)の『週刊プレイボーイ14号』では、最新撮り下ろしの表紙&巻頭グラビアに加え、「永久保存版"アイドル"指原莉乃グラビアヒストリー」という名のブックインブックで、2010年から2017年に週刊プレイボーイに掲載されたお宝水着グラビアを一挙掲載。伝説のスクール水着グラビア「さしこのくせに生意気だ!」も再録するなど、レジェンドアイドル"さっしー"の軌跡をたどることができる一冊になっている。

波乱万丈のアイドル人生を共に歩んできた週刊プレイボーイ、さっしーのアイドルとして最後のインタビューです!

■グラビアはやっぱり普通が一番ですよ
――週プレ登場、約2年半ぶりですね! 今回、アイドルとしては最後のグラビアのオファーをさせていただきました。

指原 ありがとうございます。週プレさんのグラビアには、いろいろ思い出がありますよ。私の中で「週プレの水着は、武器みたいのをつけがち」ってイメージなんですよね。

――武器!(笑)。確かにAKB48グループの皆さんには、ちょっと変わった水着を着ていただいてきました。キラキラテカテカしていたり......。

指原 奇抜なことをやってきますよね。「俺たちやってやるぜ!」っていう個性を感じてました(笑)。ソログラビアでもいろいろな挑戦をやらせてもらった思い出が(笑)。

――指原さんの最初のソログラビアは、なんとスクール水着でした。タイトルも「さしこのくせに生意気だ!」という(笑)。

指原 インパクトありましたよね。それがのちに私の初めての冠番組『さしこのくせに』(2011年1月放送開始のバラエティ番組『さしこのくせに~この番組はAKBとは全く関係ありません~』)のタイトルになったんですもんね。それと、なんかフィギュアみたいになった謎のグラビアもありましたよね。当時は、なんだかわからずにやってた気がします。

――週プレのグラビアの迷走(?)と共に歩んできていただいた指原さんのアイドル人生。その最後が今回の巻頭グラビア「生意気」なわけです!(笑)

指原 そう考えると、一周回って普通でしたよね。やっぱり週プレさんは当時、かなりクレイジーだったと思う。いい意味で。でも、今日の撮影はすごく楽しかったです。「武器とかやめたんだな」って思いました。普通が一番ですよ。ラストカットでは、おそばを食べましたけど。

――ちょっと変わったショットも欲しいなと思いまして。

指原 変わってたかもですけど、クレイジーさはなかったですよ。おいしかったし楽しかったです。

――指原さんのアイドルとしてのラストグラビアですから、あまりクレイジーなのも。週プレも大人になったんです。

指原 ね。みんな大人になりました(笑)。

■私がいなくなったら誰かがしゃべりだしますよ
――4月28日に、横浜スタジアムで卒業コンサートが行なわれます。卒業を考えたきっかけはなんだったんですか?

指原 やっぱり、(矢吹)奈子と(宮脇)咲良のふたりがIZ*ONE(アイズワン)として活動していくタイミングでしたね(韓国のアイドルグループIZ*ONEの活動のため、宮脇、矢吹は、HKT48の活動を2年間休止中)。ふたりがいない2年間。私がいれば、きっとHKTは当たり前のように特に良くもならず、悪くもならず過ぎていく、と思ったんです。でも、私が辞めたらたぶん、みんなでもっと頑張るんじゃないかなって。

――HKTメンバーの成長のためってことですか。

指原 あと、自分自身も「アイドルではない立場で、テレビに出ることを、そろそろしないと」って考えてはいたので。だからこそ「卒業は、HKTにとっても、自分にとっても必要だな」って。でも卒業自体は、ずっと心の中にあったと思います。

1/2ページ

最終更新:3/24(日) 13:00
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.22
5月20日(月)発売

特別定価440円(税込)

祝49周年! キン肉マン大特集!/暴走高
齢ドライバーはここまで野放しに!/東京五
輪チケット入手虎の巻【グラビア】奥山かず
さ/新谷真由/宇垣美里/村山彩希 他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事