ここから本文です

自家製ハーブティーをおいしくいれるコツ

3/24(日) 8:00配信

NHKテキストビュー

『趣味の園芸 やさいの時間』2019年2・3月号では、園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんが、お茶に向くハーブの寄せ植えの作り方を教えてくれています。こちらでは、自家製ハーブティーをおいしくいれるコツを紹介します。



* * *



自家製の新鮮さはもちろんのこと、ハーブティーはちょっとしたいれ方のコツを知るだけで、もっとおいしくなります!


■フレッシュハーブティー


お茶1杯分のハーブの量は、ティースプーン3杯が目安。できるだけ朝早く必要な分を収穫し、サッと水洗いしてから、葉をちぎってティーポットに入れます。熱湯を注いですぐにふたをして、3~5分間蒸らすと、いっそう香りが引き立ちます。


■ドライハーブティー


ハーブの量はティースプーン1杯が目安。フレッシュと同じ分量でいれると、濃く出すぎてしまうので注意しましょう。熱湯を注いだらふたをして、3~5分間蒸らすのはフレッシュと同じ。茎入りは、さらに1~2分間長くおいたほうがおいしくなります。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2019年2・3月号 より

NHK出版

最終更新:3/24(日) 8:01
NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事