ここから本文です

豊田清×斉藤和巳 2019順位予想対談【パ・リーグ編】

3/25(月) 11:15配信

週刊ベースボールONLINE

勢いのある日本ハム栗山マジック発動は!?

シーズン開幕を目前に控え、豊田清氏と斉藤和巳氏がそれぞれの順位予想とともにパ・リーグの行方を占っていく。主力が流出した西武の連覇はあるのか、ソフトバンクが巻き返すのか、はたまたダークホースが現れるのか――。
取材・構成=杉浦多夢 写真=榎本郁也、BBM

斉藤 豊田さんの1位予想は日本ハムですか。確かに今年は面白い存在になりそうですけど。

豊田 昨年まではセ・リーグでコーチをしていたから(昨年は巨人の投手コーチ)春季キャンプで久しぶりにじっくりとパ・リーグの各チームを見たんだけど、日本ハムには勢いを感じるよね。順位予想を決めてから清宮(清宮幸太郎)がケガをしてしまったのは残念だけど、レギュラー陣は年齢的にも若いし、昨年も優勝争いをした経験が今年は上積みになると思う。

斉藤 清宮がいた状態でのチーム内競争というのをもっと見たかったですよね。外野陣は充実していますし、ファーストには中田翔がいて、清宮が誰と、どこで、どう競うかというのは楽しみに見ていましたから。

豊田 王柏融のバッティングも評価が高いようだしね。

斉藤 みんな若いですし、レアードはいなくなりましたけど長打を打てる若手も多い。機動力を使えるから攻撃のバリエーションもあります。

豊田 投手陣を見ても、後ろは抑えの石川直也までつなぐコマがそろっている。やっぱり先発陣がカギになると思うけど、投げているボールを見る限り今年は有原(有原航平)がしっかりやってくれそうだからね。上沢(上沢直之)は昨年ブレークして、今年が自分の本当の力を証明するシーズンになる。オープン戦ではちょっと良くないけど楽しみだね。

斉藤 栗山(栗山英樹)監督は金子(金子弌大)を使って何かやりますよ。最初は普通に先発ローテで回していくと思いますけど、状況次第では昨年メジャーで話題になった“オープナー”起用も頭の中にはあると思います。栗山監督も「何か新しいことがしたい」と言っていましたし、金子自身も「いろいろなことにトライしたい」と口にしていましたから。

豊田 昨年はメジャーでレイズがよく使っていたよね。僕は日本の野球しか知らないから、和巳みたいな先発投手が最初から最後まで投げてくれるというのに魅力を感じるけど、先発の5、6番手というのはどのチームもやはり少し力が落ちる。そこで力のある投手が上位打線だけバシッと抑えて試合をスタートするというのは面白いやり方かもしれない。一軍登録枠が29人になったから、オープナーを使うための枠にもできるだろうしね。

斉藤 でも、そのやり方がもし定着していったら投手の勝ち星の価値とかが少し変わっていきますよね。もちろん時代とともに変化しなければいけない部分はあると思いますが、最多勝のタイトルとかの扱いが難しくなるかもしれません。

豊田 そうだね。でも、そうしたトライを日本の球団のどこが最初にやるのかっていうのは楽しみだよね。

斉藤 そうした意味でもやっぱり栗山監督が最初にやるっていうのは十分ある気がしますね。先発陣がしっかり働いているのに無理に崩す必要はないと思いますが、状況次第ではやる価値があると思いますし、そのときに周囲や世間がどんな反応をするのかにも興味があります。

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事