ここから本文です

お酒を飲むと妻が豹変… 離婚も考えた夫に鴻上尚史が勧める「夫婦を救う唯一の方法」〈dot.〉

3/26(火) 16:00配信

AERA dot.

 鴻上尚史の人生相談。今年入籍したばかりの新婚の男性。普段は笑いのたえない夫婦のはずが、妻が酒を飲むと豹変し、暴言を吐き続けるのが苦痛と悩む相談者。鴻上尚史が解き明かす。

【相談23】酒を飲むと妻が暴言をはきます(30歳 男性 カッツェ)

 今年入籍をし、同居を開始しました。周囲から「新婚さん」とひやかされますが、早くもしんどさを感じています。理由は、酒に酔ったときの妻の苛烈な暴言にあります。

 日頃は笑いの絶えない良い夫婦だなと居心地のよさを感じていますが、酔ったときに時折、彼女が突然怒りを爆発させ、どんな謝罪や弁解にも耳を貸さず、ただただ私をなじる時間が続くのがたまらなく苦痛です。

 爆発のきっかけはその時々で違います。過去の交際相手に浮気されたから私のことも信じられないとか、過去に経済的に苦労して生きてきたから私の金銭感覚を疑うとか、彼女が自分の過去という色眼鏡を通して私を見たときの日常の不信や不満が蓄積され、暴発するようなのです。

 私は妻に激情のまま怒るということをしたことがなく、初めて暴言を浴びた一夜は「キモい」だの「お前と結婚して失敗だった」だのと指輪まで突き返され、ショックで家を出ました。しかし更に恐ろしいのは翌朝です。本人は暴言の詳細を半分以上忘れ「ちょっと言い過ぎた」くらいの認識で少し謝罪して仲直りできるものと思っていたのです。

 暴発と話し合いを何度か繰り返し、一時は離婚も真剣に考えましたがお互いに反省し、今は「お酒をしばらく控える」ことを守ってもらい平穏に過ごしています。しかし、元々大の酒好きなのに禁酒を強いるのが申し訳ない気持ちと、お酒はトリガーに過ぎないので根本的な解決に至っていないのではないかという不安から、今もどこか落ち着かない毎日を送っています。

 巷の鬼嫁エピソードを読むと「こんなのかわいいもの」と言われる気もしますが、私が妻と向き合えていないのか、酒の問題なのか、解決の糸口を見つけきれず悩んでいます。

1/4ページ

最終更新:3/26(火) 18:01
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日、
医療チーム、アサヒカメラ、大学ランキング
などの独自記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい