ここから本文です

グーグル、超弩級ストリーミングサービス「Stadia」でゲーム業界に参入

3/25(月) 20:40配信

エスクァイア

この新プラットフォームについてグーグルは、「クラウドストリーミングの力でゲームの未来を変える」と語っています。

【 写真 】史上最強のビデオゲーム10選…懐かしのゲームが勢ぞろい

 グーグルは、ゲーム機自体を開発しているわけではありませんでした。同社は2019年3月19日(米国時間)、サンフランシスコで開催された「ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス(GDP)」の基調公演の中で、「ゲームの未来は“box(ゲーム機)”ではない」というキャッチコピーとともに、新たなクラウドゲーミングサービス「Stadia(ステイディア)」を発表しました。

 同社の言う通り「Stadia」は家庭用ゲーム機ではありませんが、現在のゲーム業界をリードするどのゲーム機よりもはるかに、パワフルなものになりそうです。正確に言えば、その差は4TFLOPS(テラフロップ=コンピュータの処理性能を表す単位の一つで、浮動小数点演算を1秒間に1兆回行うことを表す単位)以上になると言います。 
 
 「Stadia」は2019年中のサービス開始が予定されているゲームストリーミングサービスで、ユーザーは様々なウェブブラウザやデバイス、ネット接続された画面からゲームをプレイ可能となります。グーグルはこのために必要な膨大なる処理を引き受け、ユーザーのコンピューターに新たなるゲーム体験をもたらすことでしょう。その際、インストールやファームウェアのアップデートなども不要となるのです。

 このサービスは同社の桁違いのウェブインフラを活用することによって、クラウドからゲームを直接ストリーミングすることを可能にしたわけです。「Stadia」上では、ChromeブラウザやChromecast、Pixel端末などから本格的なゲームが遊べるようになります。

 グーグルは発表時に公開した動画の中で、「Stadia」について「ワンクリックで即座にゲームをプレイできる場」として、「ダウンロードなし、リミットなし、ゲーム機なし」を謳っていました。

1/3ページ

最終更新:3/25(月) 20:40
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事