ここから本文です

いまも昔も変わらずキュート、英国王室の子どもたち。

3/25(月) 19:39配信

フィガロジャポン

SCHOOL LIFE/パパは男子校、ぼくは共学校。

英国王室の新ヒーロー&ヒロインといえば、ジョージ王子とシャーロット王女。ウィリアム王子とハリー王子の幼い頃とどう違う?

その他の写真はこちら

4歳から初等教育が始まる英国では、エリート養成システムが就学前の準備校にあたる私立校プレ・プレップ・スクールからスタートする。王族は幼少期、宮殿内で家庭教師のもとで学ぶのが一般的だが、ウィリアム王子とハリー王子はダイアナ妃の強い希望で名門男子校ウェザビー・スクールに通った。いっぽうでジョージ王子はリベラルな校風で知られる共学校トーマス・バタシー・スクールに通学中。

PAGEBOY & FLOWER GIRL/結婚式はぼくたちの出番!

ロイヤルウェディングで影の主役といえるほど注目を集めるのが、小さな王族たちのお仕事だ。キリスト教の挙式において、聖書を祭壇まで運ぶページボーイと、バージンロードを清めるために花びらをまいて花嫁を先導するフラワーガールが、親族から数名選ばれる。ジョージ王子とシャーロット王女もこれまで数々の結婚式でそれらの役目を担ってきたが、その愛らしい服装と仕草に世界中が悶絶!

PRIVATE TIME/ママと過ごす、笑顔のプレイタイム。

ダイアナ妃は一般家庭のように息子たちを気軽にあちこち連れ出した。遊園地にお忍びで訪れるし、お腹が空いたらマクドナルドへ。「“普通の感覚”を身に付けさせてくれた」と、ハリー王子は後に感謝の言葉を口にしている。現在育児中のキャサリン妃は、子どもたちと外で一緒に遊ぶといったシンプルな家族の時間を大切にしていると発言。自然体で遊ぶ王子たちのやんちゃな姿が度々目撃されている。

MATCHING OUTFITS/チームワークのよさは服装から!?

いつの時代もロイヤルキッズがファッションリーダーなのは変わらずで、きょうだいでコーディネートも完璧。良家の子そのものの装いは、人前に出た瞬間から問い合わせが殺到するという。ちなみに王子たちが揃ってショートパンツをはいているのは、短パンがほかならぬ上流階級出身の男児の証だから。6~8歳にもなるとロング丈に移行することから、ジョージ王子の短パン姿もそろそろ見納めかも。

realisation:ERI ARIMOTO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

トレンドに流されず、自分らしいスタイルを
探したい女性たちへモード、カルチャー、
旅、インテリアなどの様々なジャンルの情報を
「ファッション」の視点で発信します。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ