ここから本文です

ジワるクルマ多し! まもなく終わる平成を偲んで平成7年に誕生した名車&迷車7選

3/25(月) 11:44配信

WEB CARTOP

4)ホンダ・インテグラタイプR(DC2型)

 このモデルで3代目となった平成5年登場のインテグラは、シビックに対する上級モデルとして1.8リッターエンジンを搭載するなど、悪いクルマではなかったのだが、独立したハイビームを含めたヘッドライトが丸いフロントマスクが原因だったのか、今一つパッとしないクルマであった。

 しかしそのテコ入れ策も兼ね軽量スポーツバージョンとして追加されたタイプRは、手作業される部分もあるエンジン内部、周辺の徹底的な見直しによる20馬力のパワーアップを果たした。

 さらにサスペンションの変更、トランスミッションやヘリカルLSDの採用といった駆動系の強化、大型リヤスポイラーなどの空力性能の向上などにより、1.8リッターNAのFF車ながら当時日本最強だった280馬力軍団相手でも簡単には抜けない速さを得た。

 さらにインテグラタイプRは速いだけでなく、コントロール性の高さに代表される運転する楽しさ、レカロシートやモモのステアリングの採用などによるレーシングカーのような室内の雰囲気も備えていた。

 この点はサーキットのラップタイムに代表される速さや駆動方式、価格以外1992年にNSXに追加されたタイプRとまったく同じスピリッツであり、当時の若者やクルマ好きの共感を集めた。とどめに価格はエアコンを着けて250万円以下という内容を考えれば激安かつ現実的なもので、今考えれば大反響も当然な非常に魅力的なクルマだった。

5)ホンダCR-V(初代モデル)

 ホンダが前年の1994年登場の初代オデッセイから遅ればせながら開始したRV戦略であるクリエティブムーバー第二弾として登場した初代CR-Vは、シビックをベースにした乗用車のキャラクターが強いSUVである。この点は前年に登場したトヨタRAV4にも通じるが、CR-Vはより広いキャビン、ラゲッジスペース、成功したホンダで多い、リーズナブルな価格を理由に、今思うと決して出来のいいクルマでもなかったが、大ヒット車となった。

 また初代CR-Vは日本専用車の予定だったのが、登場後世界中のホンダのディストリビューターから販売要請が殺到。あとから想定されていなかった左ハンドルやMT車が開発されるほどの人気車となり、CR-Vは2代目モデル以降も日本はともかくアコードやシビックに続く世界中で販売されるホンダの基幹車種の1台に成長した。

3/4ページ

最終更新:3/25(月) 11:44
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事