ここから本文です

専門家が教える、朝から夜まで代謝をスピードアップさせる方法

3/25(月) 23:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ジムで

メタボリズムをスピードアップするには、トレッドミルに乗る時間をHIITトレーニングに変えてみよう。このタイプのエクササイズは速く激しいインターバルが大事。20秒の胸をえぐられるような努力のあとに10秒の休憩、を40分間に8回繰り返す。

研究から、この方法でワークアウトするのは、低強度の汗をかくセッションをもっと長時間やるのと同じくらい、メタボリズムを促進させる効果があることがわかっている。

Equinox Gymのトレーナー、ジェフ・バグショーは次の3ムーブ・シークエンスを考え出した。20秒間に最初のエクササイズをできるだけ繰り返して、10秒休む、を8回繰り返して。2分休んだら、他の2つのエクササイズをもう一度やろう。

1. 二頭筋カールの突き出し:ダンベルを腹の脇に抱え、少し引いて突き出しの位置にし、肩の位置までウエイトをカールする。もう一方の足でも同じことをやる。これで1回。

2. スクワット・オーバーヘッド・プレス:肩の高さにダンベルを持ち、腕を曲げ、スクワットの体制に体を低くする。そこからウエイトを天井に向かって押し上げる。

3. プッシュアップ:これはお馴染み。プッシュアップのポジションについて、腕を曲げ、体を低くする。

食事の時間に

痩せるためには、お皿をタンパク質でいっぱいにしよう。たっぷり摂れば、脂肪分の少ない筋肉を作り、維持するのに役立つ。30gのタンパク質―低脂肪のカテージチーズなら100g、チキンなら100gーを毎食摂ることを目指して。

食事シメにグリーンティーを。「これがメタボリズムの妙薬に一番近いものです」と言うのは、『Fire Up Your Metabolism』の共著者タミー・ラカトス・シェイムス。実験では、一日に3~5杯のグリーンティーを飲むのを12週間続けた人は、平均体重の4.6%を落としたという。

別の研究では、一日2~5杯飲むと、一日あたり50カロリー多く燃焼したことがわかっている。Pukka Supreme Match Green Teaを試してみて。食後2時間経ってから飲むのが、脂肪燃焼に効果的。研究から、脂肪の3分の1を分解できることがわかっている

3/4ページ

最終更新:3/25(月) 23:20
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年7月号
2019年5月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ