ここから本文です

汚れが故障の原因に! Apple Watchを水洗いする4ステップ

3/25(月) 22:12配信

ライフハッカー[日本版]

ステップ3:バンドのクリーニング

バンドといっても様々で、防水でないものもあります。特に、Appleのレザーやステンレス製のバンドは、防水に分類されていません。この場合、プールやシャワーで使ったり、流水で洗ったりするのは避けてください。

代わりに、柔らかい布を濡らして、汚れを拭きとってやりましょう。レザーバンドを水に浸すと、革を痛めてしまいます。完全に乾いたのを確認してから、Apple Watchを着けるようにしましょう。

ナイロンやシリコンなど、耐久性のあるバンドなら、あまり神経質になる必要はありません。シリコンはふき取るのが楽ですし、がんこな汚れは水道水に数分さらして落とすことも可能です。ナイロンバンドやスポーツループも、同様の方法でかつての輝きを取り戻します。

衣類と同じようにバンドを洗うのはやめましょう。Appleは、ライトファブリック製のバンドであっても、水のみで洗うことをすすめています。

ステップ4:Apple Watchを組み立てなおす

Apple Watchとバンドがピカピカになったら、元の姿に戻してあげましょう。まずは、Apple Watchの上と下にバンドを付けます。バックル付きのバンドの場合、バックルはApple Watchの上側に来ます。スポーツループの場合、バンドを完全に伸ばした時に、ベルクロがApple Watchの真下に来るようにしてください。

さあ、Watchを腕に着けたら、また汚す日々の始まりです。クリーニングの数をこなすほど腕が上達して、手早くピカピカにできるようになるでしょう。

ライトファブリックのバンドが変色してきたら、買い替えの時期かもしれません。

Image: Stephen Lam/Getty Images

Original Article: How to Clean Your Apple Watch Safely and Efficiently in 4 Steps by MakeUseOf

訳:堀込泰三

2/2ページ

最終更新:3/25(月) 22:12
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事