ここから本文です

【震災離婚のリアル】家族の絆が深まることはなかった、2人の女性の告白

3/25(月) 21:00配信

週刊女性PRIME

 東日本大震災から9年目となる今年。あの未曾有の大震災を経験し、家族の絆が深まる一方、震災を機に離婚をした夫婦も数多い。それは震災のせいなのか、もともと原因があったのか、2人の女性が経験した「震災離婚」の現実を取材。

  ◆   ◆   ◆  

 30代半ばのヨシミ(仮名)は震災当日、職場におり津波にも襲われた。一時期は孤立し、自宅も被災して写真は1枚も見つからない。仮設住宅に入れるまでの間、夫とは、お互いの実家で別々に過ごすことにした。

「それがいけなかったのか、夫は一時期、行方不明になったんです。久しぶりに顔を見せると、離婚を言いわたされました」

 このとき、4歳年下の夫との間に子ども妊娠していた。

「長女と長男、そして当時お腹の中にいた次男と、3人の子どもがいます。3番目の子どもは父親の顔を知りません。でも、知っているよりはいいかもしれない」

 20歳で結婚し、夫のことを理解できていないことが多かったのも事実だ。

泣く夫を見て「かわいい」と思った

「前夫には両親がいないんです。母親は埼玉にいるというのですが、なぜか、おばあちゃんが彼を育てていたんです。結婚するときに戸籍を見ましたが、父親の名前は載っていませんでした」

 結婚前、夫の生い立ちを聞こうとしたことがある。しかし、聞かれたくないのか、話題にすると、怒られた。

「その話はタブーでした。ただ、戸籍を見たときに、おばあちゃんの養子になったことがわかったんです。母親は何らかの理由で育てられなかったのでしょう。彼について、いろいろなことを知らないので、結婚したらこの先、何かがあるんじゃないか? と思っていました。

 そのこともあったのか、彼との結婚は両親に反対されました。夫は何かあるとすぐに泣くんです。意味もなく泣いているときもありました。でも、それが最初はかわいいと思ってしまったんです。それで、“自分がいなきゃダメだ”と思ってしまったことが、罠でした」

 夫の泣く姿を見て、かわいいと同時に、かわいそうと思うこともあった。話を聞いているうちに、かなりの“おばあちゃんっ子”だったということがわかった。

 しかし、おばあちゃんは借金をしながら生活し、夫もまたパチンコや競馬で借金を作っていた。

「もしかすると、女遊びもしている? と思ったりしました。でも、彼のことはずっと信じていました。それなのに離婚を切り出され、ギャンブルだけでなく、初めて女遊びをしていることに気がついたんです。ずっと隠していたようなんですが、いつ遊ぶヒマがあったんだろう……」

 夫は震災前、水産加工の仕事をし、変則的な勤務形態だった。

「変則勤務の人は、遊び人が多いと聞いたことがありますが、まさか自分の夫もそうだったとは思いませんでした。でも、この辺りは遊ぶような店はないんです。飲み屋といっても、若い女性が多いというわけでもありません。だから女性遊びといわれても、イマイチわからない。なんなの? って感じです」

 震災にあい、自宅も仕事も失った。そして追い討ちをかけるかのように、夫から突きつけられた離婚のふた文字。一時期は、かなり悩んだ。

「なんで私だけこんな目にあわないといけないの? ふざけんな、って」

 現在は実家に戻って子育てをするが、前夫は養育費すら入れていない。

「でも、今では強くなりたいと思っています。とはいえ、未練じゃないけど、思い出すと憎らしい。忘れることができれば、どんなに楽だろう」

1/2ページ

最終更新:3/25(月) 21:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」6/25号

特別定価430円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事