ここから本文です

【現地発】批判、嫉妬、威嚇、除け者、孤独…アルゼンチン代表はメッシに苦難しか与えない

3/25(月) 20:43配信

SOCCER DIGEST Web

サッカー協会は金儲けの道具としか。

 はみ出し者扱いされるルーキーから、周囲が畏怖の念を抱く孤高の存在へ。アルゼンチン代表におけるメッシは常に孤独だった。

 本来はそうした状況をサポートしなければならないアルゼンチン・サッカー協会(AFA)は、メッシのネームバリューを利用して金儲けに勤しむばかり。その間、監督の首は次々と挿げ替えられ、ブラジル大会以降、ヘラルド・マルティーノ、エドガルド・バウサ、ホルヘ・サンパオリ、そして現在のリオネル・スカローニと実に4度の政権交代が起きている。

 前述のベネズエラ戦では、昨年のロシアW杯で一度も一緒にプレーしなかった選手がスタメン中7人(レアンドロ・パレデス、ジオバニ・ロ・チェルソ、リサンドロ・マルティネス、ラウタロ・マルティネス、ピティ・マルティネス、ファン・フォイ、ゴンサロ・モンティエル)を占めた。そんななかで孤軍奮闘する姿は、メッシの代表チームにおける状況を象徴しているようでもあった。

 パサレラのように批判する人物はいまだに絶えないが、メッシはデビュー以来、周囲の期待を一身に背負いながら同時に批判も集めるという不条理な運命に抗い、懸命に迷走を続けるチームを支えてきた。その状況は約9か月ぶりに復帰した現在も一向に改善されていない。

 繰り返しになるが、アルゼンチン代表はメッシにとって苦難の場所であり続けている。それを百も承知の上で、唯一無二の大エースは、再び過酷な戦いに挑もうとしているのだ。

文●ディエゴ・トーレス(エル・パイス紙)
翻訳:下村正幸
※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙の記事を翻訳配信しています。

 

2/2ページ

最終更新:3/25(月) 22:32
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事