ここから本文です

賛否のキリオス、“下からサーブ”は「魔法」 ATPは称賛「お金を払うに値するもの」

3/25(月) 21:03配信

THE ANSWER

アンダーサーブが物議のキリオス、ATPは劇場ぶりを評価

 テニスのマイアミ・オープンは24日(日本時間25日)に男子シングルス3回戦で世界ランク33位のニック・キリオス(オーストラリア)が同44位のドゥシャン・ラヨビッチ(セルビア)を6-3、6-1で圧倒。4回戦進出を決めたが、お騒がせ男がまたまた物議を醸している。第1セットにアンダーサーブを披露する場面を、ATP公式中継サイト「テニスTV」が動画で公開するとファンの賛否を呼んでいたが、ATPは公式サイトでも試合をレポート。サーブだけでなく、ノールックボレーなど、“らしさ全開”のプレーぶりを「魔法が続いた」と称えている。

【動画】このサーブあり?なし? 海外ファン賛否、テニスTVが公開、キリオスがアンダーサーブでエースを奪う実際の瞬間

 お騒がせ男がまたまた意表をつくサーブを炸裂させた。2回戦で錦織を破ったラヨビッチに対して、第1セットの第5ゲームだ。ボールをバウンドさせながら、タイミングを見計らうキリオス。そして突如、アンダーサーブを繰り出した。ふわりとした短いサービスは、後方に構えていた相手の意表を見事についた。

 狙い通りのエースを決めたキリオスはドヤ顔。ゲームポイントを4-1とし、流れをつかんだこのシーンを、テニスTVは公式SNSで動画で公開。「すぐに彼のトレードマークに… キリオスがアンダーサーブでエース」と題して拡散すると、ファンからは様々な賛否様々な声が上がっていた。

 これだけはなく、ノールックボレーも決めるなど“キリオス劇場”を展開した一戦をATPは「キリオスの夜:キリオスがラウンド16へ」と題してレポートしている。

「キリオスはお金に払うに値するものを提供した」

「キリオスはマイアミの忠実なファンたちに、アンダーサーブ、ノールックボレー、最終的には退席処分が下されたファンとのやり取りなど、お金を払うに値するものを提供した」

 こう伝え、キリオスが会場に詰め掛けたファンを大いに沸かせたことを紹介。さらにはアンダーサーブを2度成功させたことに触れたうえで、「魔法はその後も続き、次のゲームでノールックボレーをオープンコートに叩き込んだ」と劇場ぶりを伝えていた。

 時には激高しラケットを破壊するなど、破天荒なお騒がせ男のイメージが定着してはいるが、トリッキーなプレーで今季は大いに観衆を沸かせているキリオス。次戦は世界ランク13位のボルナ・チョリッチ(クロアチア)と対戦するが、この難敵をクリアするようなら今大会のダークホースとして一躍脚光を浴びることとなりそうだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:3/25(月) 21:03
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事