ここから本文です

引退のイチロー、出国した際の帽子は「ヨウジ」出身の「キリュウキリュウ」 足元は「ナイキ」の希少モデル

3/25(月) 13:40配信

WWD JAPAN.com

21日に日本で行われたオークランド・アスレチックス(Oakland Athletics)との試合後、現役引退を発表したシアトル・マリナーズ(Seattle Mariners)のイチロー選手が、翌日渡米する際に「キリュウキリュウ(KIRYUYRIK)」のニット帽を着用し、「ナイキ(NIKE)」の希少モデルを履いていたことがわかった。

【画像】引退のイチロー、出国した際の帽子は「ヨウジ」出身の「キリュウキリュウ」 足元は「ナイキ」の希少モデル

「キリュウキリュウ」は、「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」でパタンナーや企画として経験を積んだ髙栁成克デザイナーが、ウィメンズブランドとして2002年に立ち上げ、03年からはメンズもスタート。コレクションはブラックとホワイトを基調に、「ヨウジ」出身らしい布の流れや動きが目を引くデザインから、カッチリしたスタイルまで幅広く、顧客にはスティーブン・タイラー(Steven Tyler)やX JAPANのYOSHIKI、Mr.Childrenの桜井和寿らミュージシャンが多い。

今回イチロー選手が着用していたニット帽は日頃から愛用する特注品で、黒字にグレーのボーダーがあしらわれたシンプルなデザイン。「キリュウキリュウ」もインスタグラムで、同アイテムを着用したイチロー選手の画像とともに「愛用ありがとうございます!」とコメントしている。

また、煌びやかなデザインが目を引いたスニーカーは、ロンドンを拠点に活動するデザイナーデュオ、ヴィンティ・タン(Vinti Tan)とポール・アンドリューズ(Paul Andrews)による「ヴィンティ アンドリューズ(VINTI ANDREWS)」が、「ナイキ」の“バンダル サプリーム ハイ(VANDAL SUPREME HIGH)”をベースにリメイクした1足。10年ほど前に数十足限定で発売された希少モデルで、リメイク品であるため一点モノだ。

なお、イチロー選手が長年ブランドアンバサダーを務めてきた「ミズノ(MIZUNO)」は公式ツイッターで、「今までたくさんの感動と夢をありがとうございました!」と労いの言葉を送り、これを受けファンの間では「『ナイキ』の“エア ジョーダン”と同じように、『ミズノ』から“イチロー”を出してほしい」との声が上がっている。

最終更新:3/25(月) 16:57
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2092号
2019年7月15日発売

定価500円(税込み)

百貨店はファッションを諦めない! 百貨店6社のトップに聞いたデジタル戦略や富裕層対策

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事