ここから本文です

「アート旅」で行きたい都道府県ランキング!デジタルアートなど注目スポットも【全国】

3/26(火) 13:03配信

じゃらんニュース

今年は「瀬戸内国際芸術祭2019」や「あいちトリエンナーレ2019」などのアートイベントが予定され、各地でアートが徐々に盛り上がりをみせています。

そこで、アート旅に出かけたい都道府県について聞いたところ、長期休暇の旅行先でも人気の高い北海道が、堂々の1位を獲得しました。雄大な自然を生かした作品や、街中にあるアート作品などが人気の様子。 2位の東京都は、世界のアートから最新のアートまで多種多様な作品に触れられる点が魅力です。続く3位の京都府は、和を基調としながら、現代アートを掛け合わせる面白さに注目が集まったのではないでしょうか。

雄大な自然美が圧倒的人気。絶景アート満載の「北海道」が堂々の1位に!

【アンケート調査概要】『じゃらんnet』ユーザーを対象としたインターネット調査 / 調査時期:2019年2月18日(月)~2019年2月26日(火)/ 調査対象:47都道府県在住 10代~60代以上男女/ 有効回答数:3705名(MA)

「じゃらん アート旅で行きたい都道府県ランキング」ベスト3をご紹介

【1位 北海道】
エメラルドブルーに輝く神秘的な神の子池やトマムの雲海など、四季折々の自然美に出合える北海道。札幌では、2014年から3年に一度「札幌国際芸術祭」を開催し、札幌市内のさまざまな場所で現代アートを展示しており、次回は2020年冬季に開催が予定されている。

その他、北海道内の美術館が連携して、それぞれの施設や所蔵作品を相互に紹介する取り組みもあり、北海道全体でアートをPRしている。

\注目スポット/

<札幌芸術の森>
広大な敷地内に、札幌芸術の森美術館、クラフト工房、有島武郎旧邸などがある総合文化施設。

季節ごとに様々な展示が行われるほか、芸術の森センターには野外の美術館を眺められるレストランや、札幌芸術の森美術館にはミュージアムショップも。


「札幌芸術の森」の詳細はこちら
https://www.jalan.net/kankou/spt_01106cc3300033842/

<青い池>
美瑛にある神秘的なスポット青い池は、面積1,200平方メートル、深さ約2.5~5メートルほどの池。

水の色は鮮やかな青に見えるが、実は透明という不思議さも魅力。天候が良ければ、水鏡となり、まるでアートのような一層美しい景色が見られる。


「青い池」の詳細はこちら
https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000178452/

1/3ページ

最終更新:3/26(火) 13:03
じゃらんニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事