ここから本文です

デジタル機器の利用は、ウェルビーイングにとって本当に「悪」なのか?

3/26(火) 12:31配信

WIRED.jp

デヴァイスの適切な使い方に関する議論が、かつてないほど盛んになっている。メディアにはスクリーンタイムの悪影響を訴える見出しが並び、大手テック企業はこぞってユーザーにデヴァイスやアプリの利用時間を把握させるツールを開発した。しかし、こうしたデヴァイス利用とウェルビーイングの議論は「問いの立て方」から考え始める必要がある。

子どもは気分を上げるためにオンラインになる

1995年、ニューヨーク市在住の精神科医イヴァン・ゴールドバーグは、当時の精神科医用の人気掲示板「PsyCom.net」で「インターネット依存症(internet addiction disorder)」という新しい疾患について説明した。このなかでゴールドバーグは、インターネット利用を理由に重要な社会活動を放棄することや、「自発的または無意識にキーボードを打つ動作をしてしまう」といった症状を書き込んだ。

ほんの冗談のつもりだった。

だが驚いたことに、多くの精神科医たちがこれを真剣に受け止めた。こうした反応を受けてゴールドバーグは、ネット依存者のためのオンライン・サポートグループを立ち上げることになった。

これに際し、彼は名称を「病的なインターネット利用障害(pathological internet-use disorder)」へとダウングレードした。「addiction(中毒、依存)」という言葉を使うと、「ヘロインのようなものな中毒性物質を扱っているように思えてしまいますので」と、ゴールドバーグは97年に『ニューヨーカー』誌に語っている。「あらゆる行動を、精神医学の用語体系に押し込んで治療しようとすることはおかしいでしょう」

「スクリーンタイムは悪」の科学的根拠はどこに?

ゴールドバーグの冗談が思わぬ結果に向ってから20年余り。精神衛生の専門家たちは、いま当時と同じような苦境に陥っている。「スクリーンタイム」[編註:デヴァイスを見て過ごした時間のこと]の副作用に対する社会的不安が、この数年で最高潮に達しているのだ。

こうした不安は自己啓発本や社会運動というかたちで現れ、大手メディアも「この数十年で最悪のメンタルヘルスの危機」だと予言している。罪悪感の種は尽きない(レストランで子どもにiPadで遊ばせているなんて。Instagramを30分見る代わりに、運動したり家族とボードゲームをすべきだったのでは? 外国語を勉強できたのでは? 身勝手で一人ぼっちの哀れなモンスターめ!)。

それにもかかわらず、われわれとデヴァイスの関係が明らかに有害であることを示す確固たる証拠は、ほとんどない。臨床的な意味でわれわれがデヴァイス中毒に陥っていることを示す証拠であれば、なおさらだ。

「この1年間、テクノロジーの利用とスクリーンタイムに関しては、一貫して否定的な話が聞こえていました。これは事実というよりは恐怖からくるものでしょう」と、カリフォルニア大学アーヴァイン校の心理学者キャンディス・オジャーズは語る。

オジャーズのような専門家たちは、適切な問いを立てない限りスクリーンタイムがどのような影響を与えるかを正しく理解することはできないだろうと話す。つまり、そもそも「スクリーンタイム」という言葉の意味について、自分自身に正直に考えなくてはいけないのだ。

1/3ページ

最終更新:3/26(火) 12:31
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ