ここから本文です

ヤクルトの頼れるベテラン4人衆。目指すは「世代融合」の攻撃野球

3/26(火) 16:41配信

webスポルティーバ

 青木に現時点での状態を聞くと、「すごく順調で不安はないです」と力強い答えが返ってきた。昨シーズンは打撃だけでなく、精神的支柱としてチームの躍進に貢献。ここまでのチームについても聞いてみた。

「オープン戦を消化しながら見えてきたことはありますが、『こんなことをやらなければ』というのは、まだないですよね。とはいっても、シーズンに入れば浮き沈みはどうしてもあるのですが、今はみんなが自信を持ってできていることがいいですよね」

 雄平は「去年まではメイン(全体練習)のところでの練習だったんですけど、今年は急に『はい、どうぞ』ってなっちゃって」と笑った。

「ランチ特打に入れてもらって、時間を有効に使うことができたのでよかったです。メインで動いている人たちに負けないくらいの気持ちで毎日練習してきましたし、僕のほうが多く振っている日は絶対にありました。メインはローテーションで回っているので、どうしても空き時間ができてしまうのですが、僕はノンストップで打つこともありました。もちろん、そこで勝負しているわけじゃないんですけど(笑)」

 実際、雄平は相当数バットを振り込んだ。ランチ特打では、終了時間なのにもかかわらず「ギリギリまでいきましょう」と粘り、宮出コーチから「大人になりなさい」とたしなめられるシーンもあった。また夜間練習では、室内練習場に来た石井琢朗打撃コーチがマシンを相手に打ち込む雄平を見つけ、「おい、雄平! まだやってたんか」と呆れられていた。

 その雄平は開幕を前に、次のように語った。

「目指すのはもちろんキャリアハイですが、数字の上限は決めずにやっていこうと。いつもならこのあたりでフォームに迷いが出るのですが、今年はそれがないんです。まだ打ち損じが多く、とくに甘い球の結果がよくない。打ちたい、打ちたいという気持ちが出すぎているので、それをコントロールできれば、自然と長打が増えると思いますし、成績はもっとよくなるはずです」

 そう雄平が力強く答えていると、練習を終えたバレンティンが「雄平、いま絶好調です。打率4割です」と日本語で声をかけてきた。

2/3ページ

最終更新:3/26(火) 16:41
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事