ここから本文です

古い人に見えない!スカーフの最旬の巻き方をスタイリスト福田亜矢子さんがレクチャー

3/26(火) 21:31配信

集英社ハピプラニュース

使い方や選び方を間違うと“ちょっと古い人”に見えかねないスカーフ。上手につけこなすコツを同世代スタイリスト福田さんに聞きました

春の最新トレンドコーデをまとめてチェック

Method1
スカーフはねじって無造作に小さく巻く

Ayako's Comment
「かつては巻き方本が出版されるほど、スカーフを主役にした華やかな巻き方が主流でしたが、今はとにかく“シンプルにさりげなく、目立たせない”ことが大事。スカーフはあえてきっちり折らず、適当にねじりながら巻くことで、力が抜けて見えます」(福田さん)

スカーフとシャツの色を合わせると、スカーフが全体に溶け込みしっくりなじむ。巻く時は首にぴったりさせず、少しすき間があるくらいルーズに巻いて。シャツは襟を抜いて肌が見えるくらいがちょうどいい。スカーフ(89×89cm)¥7,800/アダム エ ロペ シャツ¥32,000/マディソンブルー パンツ¥59,000/アマン(アンスクリア) ブレスレット¥600,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) バッグ¥62,000/ガリャルダガランテ 表参道店(メゾン ボワネ) 靴¥80,000/ジミー チュウ

Method2
スカーフとトップスの色をなじませて使ってみる

Ayako's Comment
「一見無地にも見える色数が少ないスカーフは、カウボーイ巻きのように広い面積で使っても目立ちすぎません。トップスの色と同系色を選べば、さらになじませやすくデイリーに活躍。洗いをかけたシルク素材はエレガントすぎないところもおすすめ」(福田さん)

スカーフとカットソーをブラウン系で統一。バンダナ柄のスカーフは、一見カジュアルながらシルク素材だから、ふんわりとした風合いが肌に気持ちよく、大人なムードも演出してくれる。スカーフ(71.5×71.5cm)¥13,000/ガリャルダガランテ 表参道店(オズマ) カットソー¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥22,000/バーニーズ ニューヨーク(ヴィオリナ) バッグ¥154,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

撮影/来家祐介(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/竹内友梨 取材・文/坪田あさみ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ