ここから本文です

“天才ウクレレ少年”近藤利樹、初ワンマンで見せた圧倒的実力 名渡山遼とのコラボパフォーマンスも

3/26(火) 10:31配信

リアルサウンド

 ナニワの“天才ウクレレ少年”こと近藤利樹が、3月20日にShibuya duo MUSIC EXCHANGEにて初のワンマンライブ『近藤利樹First Tour 2019「小学校卒業記念ライブ」~Let’s! ウクレレーション!!~』を開催した。

『近藤利樹First Tour 2019「小学校卒業記念ライブ」~Let’s! ウクレレーション!!~』写真

 近藤は『ムジカ・ピッコリーノ』(NHK Eテレ)へのレギュラー出演や、「NHKみんなのうた』への楽曲起用などで知られており、最近では『ディズニー・ハワイアン コンサート2019』に出演、ミニアルバム『Let's! ウクレレーション!!』 ではMONKEY MAJIKや俳優としても活躍する石丸幹二とコラボ。今回の初ワンマンは東京、大阪公演ともにチケットがソールドアウトし、ファン層を着実に増やしている。この日はファミリー層を中心に多くの観客が集まり、会場中が彼の晴れ舞台を心待ちにしている様子が伺えた。

 アロハシャツと白のパンツ姿で登場すると、パーカッションをサポートに迎えてMark Ronson ft. Bruno Mars「Uptown Funk」のカバーへ。初のワンマンのステージだが、自然に溢れ出したような笑顔でウクレレを演奏していく。「あいうえ大阪出身、かきくけ近藤利樹です」とお決まりの自己紹介の後に「最後まで一生懸命弾くので、楽しんでいってください!」と呼びかけると、ジェイク・シマブクロがプロデュースし斬新にアレンジされた「ソーラン節」を披露。先ほどの楽しげな雰囲気から一転し、激しい“早弾き”で客席を魅了した。

 さらに、東京公演のみのスペシャルゲストとして名渡山遼が登場。近藤がウクレレを始めたばかりの頃に出会ったという二人は、当時を振り返りながら、ステージでの共演が実現したことに感慨深げな様子を見せた。近藤はデビューのきっかけにもなったという名渡山にリスペクトを示しながら、彼の楽曲「Way to go」、世界的に知られ様々なアーティストにカバーされてきた「コーヒー・ルンバ」をセッション。ステージで展開される二人の世界に圧倒されながらも、時折楽しげに顔を見合わせる様子にほっこりしてしまう。セッションを終えた近藤は「一緒に演奏できて嬉しかった」「めっちゃすごくない?」と興奮した表情に。圧倒的なウクレレの実力とギャップのある、素直な表情も魅力的だ。

 さらに、「どうしてもやりたかった曲」として米津玄師「Lemon」をウクレレでカバー。パーカッションのサポートは入れず、自分で制作したというバックトラックと共に演奏。切なく震える、しかし芯の力強さを感じるウクレレの音色を聴かせてくれた。また、「Around The World feat. MONKEY MAJIK」ではまた異なる尖った、ロックを思わせる音をかき鳴らす。ウクレレ1本で様々な表情を見せ、決して飽きさせない。彼の底知れぬ音楽的素養に驚かされるばかりだった。

1/2ページ

最終更新:3/26(火) 10:31
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事