ここから本文です

三田佳子の次男・高橋祐也が保護観察期間中に起こしたトラブルがこれまたヒドい

3/26(火) 16:00配信

週刊女性PRIME

「もう私は2人の息子から卒業しています」

 発売中の女性誌『婦人公論』でそう心中を語っている三田佳子。昨年、喜寿を迎え、2人の息子はすでに44歳と39歳。一般的に、息子の行動に対する責任が問われる年齢はとうにすぎているように思えるが、彼女の場合は違った。次男の高橋祐也が逮捕されるたびに、猛烈なバッシングにあっているからだ。

【写真】トラブルについて高橋祐也がツイートで“激怒”

「昨年9月に覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されました。彼が覚せい剤で逮捕されたのはこれが初めてではありません。'98年、'00年、'07年に続いて4度目の逮捕となりましたが、12月には懲役2年6か月、保護観察つき執行猶予5年の判決を受けました。現在は、沖縄県内にある薬物依存の更生施設に入所して、治療を受けています」(スポーツ紙記者)

 三田はこれまで母として息子の不祥事の謝罪に追われてきた。だが、祐也は2月21日に元乃木坂46の大和里菜さんとの再婚を発表。さらに、3月に『女性セブン』で彼女が妊娠していることも報じられた。父親として更生したかに思えたが……。

「実は、祐也さんは2月上旬に保護観察官の許可を得て、2週間ほど東京に戻ってきていました。その間に知り合いの男性と行ったショットバーでトラブルを起こしていたんです」(祐也の知人)

 彼が都内のバーを訪れたのは、2月中旬の午後10時過ぎのこと。保護観察期間中にもかかわらず、お酒を飲み始めた彼は2~3時間ほどすると泥酔状態になったという。

「普段は常連さんだけの静かなお店なんですが、祐也さんはお店にいた女性のお客さんをナンパし始めた。女性が嫌がる素振りを見せていたにもかかわらず、しつこく話しかけていたそうなんです。

 お店の人が注意すると、彼は“誰に向かって口をきいているんだ”などと激怒。連れの男性がなだめていたそうですが、彼は不機嫌そうな様子で帰ったそうです」(バーの常連客)

 それで終わったかに思えたが、数日後、祐也はあろうことか自身のツイッターで店の名前を出し、“店員に犯罪者は通報すると言われた”“従業員は少年院に行っていた”など批判的なつぶやきをし始めた。

1/3ページ

最終更新:3/26(火) 23:54
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」6/25号

特別定価430円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事