ここから本文です

2019年2月のバイオ医薬品市場

3/26(火) 16:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

ピクテ投信投資顧問株式会社が、日々のマーケット情報を分析・解説します。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報を転載したものです。

バイオ医薬品関連企業の株価動向

2月のナスダック・バイオテック指数(ドルベース、配当含まず)は上昇しました。

バイオ医薬品市場は、前月の上昇基調を維持して堅調に推移しました。良好な治験結果や新薬の好調な販売状況の発表に加えて、遺伝子治療分野を中心としたM&A(合併・買収)の活況が市場をけん引しました。

株価が上昇した銘柄では、GWファーマシューティカルズ(英国)が挙げられます。同社は、昨年6月に承認された小児希少てんかん治療薬エピディオレックスの四半期販売状況を初めて公表しました。同薬については、発売前から医師の期待を集めていたこともあり、旺盛な需要が報告されています。アレイ・バイオファーマ(米国) は、悪性黒色腫 (メラノーマ)治療薬の好調な販売状況が好感されました。さらに今年上期に予定されている大腸がん治療薬候補のフェーズ3治験の中間分析結果やKRAS変異型がん治療薬の新規開発計画等、新薬候補(パイプライン)も注目されました。またアレクション・ファーマシューティカルズ(米国)は、2018年10-12月期決算が、前年同期比20%超の増収となったことを発表し株価が上昇しました。

一方、株価が下落した銘柄ではサイトムエックス・セラピューティクス(米国)が挙げられます。投資家説明会で公表された抗体薬プロボディを用いるプラットフォーム・アプローチの効果は、投資家の確信を得るには至りませんでした。

今後のバイオ医薬品市場見通し

現在、医薬品に関連する医療費の議論で重要な転換が起こっています。いくつかの国では治療の有効性に応じて医療費を支払う制度(価値に基づく医療)が利用されて いますが、処方薬で最大のマーケットである米国においても、従来の出来高払い方式ではなく、同様の制度を求める 声は、ますます大きくなっています。

医薬品企業と同様に政府、規制当局、保険業者は、医薬品の開発においてイノベーションを抑制することなく、医薬品の費用を効率的に管理することができる妥協案を見つけることを必要としています。

最も重要な利害関係者である患者は、破産のリスクにさらされることなく、高品質の治療を受けたいと考えています。これは、治療薬の開発といった科学的側面だけでなく、ビジネスモデルや先進的な思考、価値に基づいた契約といった側面においてもイノベーションを生む最高の機会となると考えます。

株式市場の先行きには不透明感がありますが、そのような間でも、長期志向で、市場の非効率性に注目するアクティブ運用者にとっては、数多くの投資機会が存在するものと考えます。

※記載されている個別の銘柄・企業については、あくまでも参考であり、その銘柄・企業の売買を推奨するものではありません。また、当資料におけるデータは将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

1/2ページ

最終更新:5/31(金) 18:15
幻冬舎ゴールドオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事