ここから本文です

相手のバイクに乗り移り→殴打 2年出場停止の蛮行に海外激怒「恥だな」「狂ってる」

3/26(火) 10:51配信

THE ANSWER

コスタリカのバイクレースで衝撃のトラブル発生

 バイクレースで信じられないようなトラブルが起きた。選手同士が接触、転倒しかけた選手が相手側のバイクに乗り移り、停車したところで殴り掛かるという前代未聞の事態に……。一部始終を英公共放送BBCが動画で公開。波紋を呼んでいる。

【動画】これが衝撃の乱闘劇の一部始終、相手のバイクに乗り移り→殴打 海外ファンも激怒した蛮行をBBCが公開

 一体何が起きたのか。2月17日にコスタリカのアラフエラで行われたコスタリカモーターバイク選手権での出来事だった。BBCが「これは全くもって信じられない」と題して公開した映像を見ると、赤いレーシングスーツのマリオン・カルボが黒のスーツのホルヘ・マルティネスにじわじわと幅寄せ。接触してバランスを崩して、転倒しかけたマルティネスが、自らのバイクを捨ててカルボのバイクの後ろに乗り移った。

 そして“2人乗り”となったカルボのバイクが停車。怒り心頭のマルティネスはバイクを降りるや、殴り掛かったのだ。これにカルボは勢い余ってバイクごと転倒。気が済んだのか、歩き始めたマルティネスだが、怒りが収まらないのがカルボ。背後からやり返したのだ。

両者には2年間の出場停止処分が下る

 一部始終をBBCが公式インスタグラムで動画で公開すると、ファンからは驚きの声がいくつも上がっている。

「UFCで戦える」
「ヘルメットをかぶっている人の頭を殴る意味は?」
「恥だな。絶対にスポーツマンシップを欠いている」
「狂ってる!!!」
「最初にパンチされたライダーにはアンフェアだ」
「尋常じゃないな」

 カルボはその後レースに復帰しようと試みたが、レース自体がストップとなった。国際モーターサイクリズム連盟ラテンアメリカ支部は2人に2年間の出場停止処分を下した。代償は実に大きかった。

THE ANSWER編集部

最終更新:3/27(水) 13:25
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事