ここから本文です

【ボリビア戦速報】日本、終始攻勢も前半は無得点… 乾の決定機もGKの好守に阻まれる

3/26(火) 20:20配信

SOCCER DIGEST Web

前半は押し込む展開も…

 キリンチャレンジカップの日本代表対ボリビア代表は3月26日、ノエビアスタジアム神戸で19時30分のキックオフで行なわれている。

【PHOTO】日本対ボリビア戦を彩った「美女サポーター」たち

 スタメンには、前日会見で森保一監督が「基本的には総替えで戦う」と語った通り、22日のコロンビア戦から11人全員を総入れ替えした。GKはシュミット・ダニエルを起用。最終ラインは、右から西大伍、三浦弦太、これがA代表デビューとなる畠中槙之輔に安西幸輝。ボランチはやはりA代表デビューとなる橋本拳人と、小林祐希の組み合わせ。両ワイドは右に宇佐美貴史、左に乾貴士。2トップは、やや下がり目の位置にキャプテンマークを巻いた香川真司、最前線に鎌田大地が入った。

 試合は立ち上がりから日本が押し込む展開。小林、橋本のボランチ陣を起点に、左右に大きな展開を入れながら、ボリビアの組織的な守備を崩しに掛かる。

 しかし、ボリビアの粘り強い対応に遭い、15分以降は膠着状態に。攻撃の糸口がなかなか見えないなか、GKの中村も時折ビルドアップに参加しながら、突破口を探り出していく日本。そして23分、宇佐美のスルーパスに反応した乾が最終ラインの裏に抜け出し決定機を迎える。しかしDF一人をかわして放ったシュートは、惜しくも相手GKの好守に阻まれた。

 このシーンを機に、日本は再び攻勢に出る。ボリビアを自陣に押し込み、左サイドの安西、乾が果敢に仕掛けていく。

 前半終了間際には再び、こぼれ球が乾の前に。鋭く右足を振り抜いたものの、シュートは枠を捉え切れず。前半は0-0で終了している。


 

最終更新:3/26(火) 21:40
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事