ここから本文です

フェデラー相手に25秒の超絶ラリーも… まさかの珍結末に反響「笑いが止まらない」

3/26(火) 15:32配信

THE ANSWER

クライノビッチがフェデラーと白熱ラリー展開もまさかの結末が…

 テニスのマイアミ・オープンは25日(日本時間26日)、男子シングルス3回戦で世界ランク5位のロジャー・フェデラー(スイス)が、同103位のフィリップ・クライノビッチ(セルビア)に7-5、6-3でストレート勝利。4回戦に進んだ。第2セットではクライノビッチと白熱のラリーを展開。しかし、結末は意外にも……。ATP公式中継サイト「テニスTV」は「喜劇的な結末」と題した動画を公開し、ファンの爆笑を誘っている。

【動画】こんな結末は予想できない!? 25秒の超絶ラリーの最後は「笑いが止まらない」とファン爆笑、テニスTVが公開した一部始終

 白熱の超ラリーが展開されたのは第2セット、第6ゲームだ。前後、左右に揺さぶる互いに好ショットを打ち合う展開。25秒間に渡って続いたが、結末はあっけなかった。フェデラーのバックハンドに対して、前に出ていたクライノビッチはドロップショットで返そうとするもまさかのミス。ボールを捉えられず、ネットを越せないという結末に。

 クライノビッチは自らの手でキャッチすると、恥ずかしそうにそっとフェデラー側のコートに返球した。テニスTVは公式SNSで「素晴らしいラリー、喜劇的な結末」とつづり動画を公開。あまりの落差にファンからは失笑が漏れている。

「笑いが止まらない」
「予期せぬ愉快な結末」
「面白い……コート上でこんな瞬間がもっと必要だ」
「これは想像できなかった!」
「アメージングラリー」
「この笑顔を見てくれ」

 結局このままクライノビッチはストレート負け。フェデラーの経験と圧力の前に屈した格好となった。

THE ANSWER編集部

最終更新:3/27(水) 13:30
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事