ここから本文です

神戸ポドルスキ、力士匹敵の肉体美披露 土俵稽古の珍シーンに海外驚愕「クレイジー」

3/26(火) 7:20配信

Football ZONE web

まわしを着用して力士たちと稽古、SNSに3枚の写真投稿で海外メディアやファン反応

 J1ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、17日のJ1リーグ第4節清水エスパルス戦(1-1)でゴールを決めた直後に相撲パフォーマンスを披露して注目を集めたが、25日には土俵での稽古ショットを自身の公式SNSにアップして海外メディアやファンを驚かせている。

【写真】「クレイジー」と海外驚愕! 神戸の元独代表FWポドルスキ、力士匹敵の肉体美披露…まわし姿で土俵稽古の珍シーン

 ポドルスキは清水戦の後半4分、左サイドから切れ込んだ元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタのパスからゴールを決めると、スタンドに向かって相撲の四股パフォーマンスを披露して話題を呼んだ。

 試合3日前の14日、大相撲大阪場所の観戦をツイッターで報告していたポドルスキは九重部屋で稽古に参加しており、25日にもツイッターとインスタグラムを更新。まわしを付けたポドルスキが、力士たちと土俵で稽古している様子を公開した。3回に分けてそれぞれ1枚ずつ写真を投稿し、立ち合いやがっぷり四つに組んでいる瞬間などが捉えられている。

 日本人には馴染みのある風景だが、海外では珍シーンに映ったようだ。ドイツ紙「ビルド」はまわしを着用したポドルスキの写真を添えると、「ルーカス・ポドルスキが相撲の伝統的な恰好であるまわしを付けた姿」と言及。さらに「ここに来た時からカッコイイと思っていた。稽古したいと思っていたんだ」というポドルスキのコメントも紹介した。力士たちと汗を流したポドルスキだが、「力士たちは僕に掴み方などを教えてくれたけど、彼らは巨大で全く勝ち目がなかったよ」と冗談交じりに語っている。

 母国のワールドカップ優勝に貢献した英雄の1人であるポドルスキの姿に、返信欄では「面白い」「クレイジーだ」「ハハハ」「キング」「何してるの?」など海外のファンも反応。また力士に匹敵する肉体美を披露しており、「なんて太ももだ」「その足は強靭に見える」などのコメントも並んだ。

 自ら体験する形で日本の文化を知り、積極的に学んでいるポドルスキ。今季でJリーグ3年目を迎えるが、日本への興味は薄れるどころかますます強まっているようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:3/26(火) 7:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事