ここから本文です

36歳・総合商社勤務で貯蓄ゼロ…!?独身貴族を謳歌しすぎた男の、ありえない金銭感覚

3/26(火) 5:20配信

東京カレンダー

仕事に適性があるように、結婚にも向き不向きがある。

どんな爽やかイケメンでも、高学歴・高収入のハイスペ男でも、残念ながら“結婚に向かない男”は存在し、数々の婚活女子を絶望させている。

この連載では、婚活中のアラサー女子が実際に遭遇したケースを基に、東京に数多生息する “結婚に向かない男”の生態を紹介していく。

【報告者】

名前:林田葵(仮名)
年齢:32歳
職業:損害保険会社(事務職)
住居:恵比寿

【今週の結婚に向かない男】

名前:村中雄太(仮名)
年齢:36歳
職業:総合商社
住居:六本木

週末の午後。若い女性で賑わう『M HOUSE』の店内で、今回の報告者・葵はさっそく語り始めてくれた。

「このくらい賑やかだと、話がよそに聞こえなくていいですね」

そう言って悪戯な笑みを見せた後、つい先日別れたばかりだという彼・村中雄太について、こう続けた。

「結婚を考えなければ、めちゃくちゃいい男なんです。リーダーシップがあって、女性にも優しくて。わかりやすいブランドは買わないけど質の良いものを持っているし、家のインテリアもシンプルでかっこいい。レストラン選びも旅先のセレクトも完璧。つまり、センスがいいんですよね」

元彼のことをそんな風に語る葵は、未だに少々未練があるようだ。

“いい男”だと認めながら、ではなぜ葵は彼と別れたのか。

その理由は他でもない…独身貴族を満喫しすぎた、雄太の浪費癖にあった。

「付き合うことになる前から気前のいい人だなぁと思っていました。デート全奢りは当たり前。それだけじゃなくて、二人で食事をしている時、たまたま私の友人ふたりが同じ店にいたことがあって。途中から合流したんですけど、当然のようにさっと全額支払ってくれて」

デートの会計問題については各々意見が割れるところかもしれないが、スマートに会計を済ませてくれる男が素敵だという女性がまだまだ多いというのも事実だ。

葵は雄太の男らしさや頼り甲斐にどんどん惹かれていき、彼から付き合って欲しいと言われた時には、まるで10代の乙女のようにはしゃいでしまったという。

「プレゼント選びも素晴らしかったんです。これは冗談ですけど、誰か他の女性にアドバイスもらってるんじゃないかって疑いたくなるくらいセンスがありました。ちなみに昨年のクリスマスギフトは、パールで有名なブランドのアクセサリーで、中身を確認した瞬間、思わず飛び上がるほど喜びました。

本当に、最高の彼氏だと思っていました。彼も、私と一緒にいると楽しい、ずっと一緒にいたいと言ってくれましたし。年末年始は別々に過ごしましたが、お正月明けに会った時、結婚を考えていると話してくれたんです」

二人の関係は極めて順調…のはずだった。

しかしいざ結婚を真剣に考え始めたとき。葵は雄太から、とんでもない事実を突きつけられたと言う。

1/2ページ

最終更新:3/26(火) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2019年8月号
6月21日発売

定価800円(税込み)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事