ここから本文です

【試乗】もはやコンパクトカーいらず!? プロパイロットまで搭載した新型日産デイズ誕生

3/28(木) 10:01配信

WEB CARTOP

このクルマの登場はまさに“事件”だ!

 これまでの軽自動車の概念を一変させるような、サプライズだらけのハイトワゴンが登場した。それは新型日産デイズ。先代デイズは日産と三菱の合弁軽自動車企画会社「NMKV」の企画によるもので、企画を日産が、開発・生産を三菱が担当。その三菱版がeKワゴンだった。

可愛らしさをプラスしたボレロも同時設定

 しかし、新型デイズ(と新型三菱eKワゴン)は「NMKV」での企画はそのままに、開発を日産が担当(生産は三菱の水島製作所)。それは、サプライズある商品性を実現した大きな理由ともなっている。

 つまり、新型デイズは日産として初めて軽自動車用プラットフォーム(ホイールベース先代比+65mm)、エンジン、ステップ変速付きCVTなどを新規開発するとともに、なんとセレナなどに採用されているマイルドハイブリッド機構、軽自動車初の日産自慢の同一車線内半自動運転機能のプロパイロット、前後ブレーキ制御付き踏み間違い衝突防止アシスト、さらには9インチナビ装着で可能になるオペレーター対応のSOSコール(ドコモの通信による)、日産コネクトサービス(10年間無料サービス)、インテリジェントアラウンドビューモニターまで用意したのである!

 しかもマイルドハイブリッド機構=S-HYBRIDのバッテリーはセレナなどが鉛バッテリーを使っているのに対して、リチウムイオンバッテリーを新採用。結果、回生エネルギー2倍、アイドリングストップ時間10%UP、モーターアシスト時間10倍以上になるのだから、これまた大革新である。

 これはもう、軽自動車界の「事件です」、と言っていいものだ。

軽自動車とは思えぬ上質感が随所に感じられる

 ところで、先代のユーザーの不満点は内外装の質感、NAエンジンの動力性能不足にあったという。たしかに、である。実際、先代NAエンジンの動力性能は、市街地走行ではともかく、高速走行、追い越し、山道の登坂路では、はがゆさ爆発! 大げさに言えば、ターボでライバルのNAモデルとトントンの性能だったのである。

 しかし新型デイズは新開発されたNAエンジンをトルクアップし、同ターボエンジンとともにS-HYBRIDのモーターアシストを加えることで(モーターアシストは直接加速性能にはかかわらないが)、よりトルキーでスムースかつ静かな走行が期待できるわけだ。

 エクステリアでは、とくにハイウェイスターの上級感溢れる、ミニセレナを思わせるフロントデザインがいい。どうしても平板になりがちなサイド面もシャープなライン、抑揚ある面で構成され、車両全体の質感UPに貢献している。

 インテリアもなかなかだ。インパネにラッピング=ソフトパッドを使い、前席にはティアナやスカイラインで使われるゼログラビティシートを採用。クッション性、たわみ性能で20%UP、座り疲れ性30%減とのことで、実際、ふんわりとした体にやさしいかけ心地が自慢だ。合わせて収納にも、きめ細かな配慮が施されている。

 さらに驚かされるのは、後席の居住性。シートは一体スライド式で、ラゲッジ回りのアレンジ性では左右独立スライド機構を持つライバルに劣るが、ホイールベース+65mmのほとんどをニースペースに割り当てたことから、後席ニールームは先代比+70mm。身長172cmのボクのドライビングポジションの背後に座れば、ひざまわりにクラス最大の340mmものスペースが、フラットフロアとともにあるのだから(2位はワゴンRの320mm)、居住感覚は広々ゆったり。クラスを超えた居心地の良さがある。

 一種類の足まわりで、NAとターボでタイヤサイズのみ異なる(NA:14インチ、ターボ:15インチ)新型デイズは、走っても文句なしだ。とくにシャシーのできはクラスベストと断言できるもので、直進性、カーブでのじわりとロールし、不安のないクラスを超えた安定感がある。さらに、テストコースに用意されたパイロンでスラロームを試みてもグイグイ走れ、スイスイ向きを変えてくれる軽快で正確なライントレース性など、もはや軽自動車の域を大きく超えたレベルの走行性能を手に入れたと言っていい(公道走行の印象ではありません)。

1/2ページ

最終更新:3/28(木) 10:01
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事