ここから本文です

目が離せない、短編アニメが生み出す新時代

3/29(金) 18:11配信

otoCoto

「短編アニメ」という括りを聞いて、どういう作品を連想されるだろう。どれくらいの長さの作品を短編とするのか?ということもあるので、仮に「30分以下の作品」としてみよう。アニメにそれほどのめり込んでいない人であればNHKの『みんなのうた』かもしれないし、アニメファンであれば近年多い深夜の5~10分枠アニメかもしれない。放送以外では学生のアニメサークルなどで短編アニメを自主制作するところも多い。

すでに、例年この時期のおなじみとなってきてきている『あにめたまご』の完成披露上映会が行われた。『あにめたまご』とは文化庁が外部団体に委託をし行っている若手アニメーター育成プロジェクト。2010年度の『PROJECT A』から始まり、11年度~14年度は『アニメミライ』。15年度からは『あにめたまご』として毎年行われている。毎回、委託団体によって選考された4つの制作会社が、それぞれ30分ほどの短編アニメ作品を制作する事業だ。

現在のアニメは多作品、多制作会社、多スタッフであるため1つのスタジオで作業を完成させているところが少ない。演出はここだが原画はあそこ、動画はあっち…ということもあり、これによってベテランから若手への指導や技術継承が難しくなっている。そこで、この事業では同じスタジオでの制作を通し、継承・指導を行うことを主としている。
若手アニメーターの育成ということが主目的とはいえ、あくまで見る側としての視点では「30分の短編アニメ集」になる。事業スタート当初は(良くも悪くも)公的事業によって制作された作品らしく、寓話であったり児童向けといった感じの一般向け的な作品が多かったのだが、大きな変化が生まれたのは『アニメミライ2013』からだ。

この回の委託制作作品であった『デス・ビリヤード』を原作に、15年に連続テレビアニメ『デス・パレード』が誕生し放送されることに繋がった。同回では『リトルウィッチアカデミア』も大きな注目を集めた。魔法学校に入った女の子のドタバタ活劇とアクションを見せたこの作品の面白さは、それまでこの事業に興味を向けていなかったアニメファンの間でも話題となり、その後にクラウドファンディングによる続編制作が企画された際には記録的な速さで目標額を達成。劇場公開された60分弱の中編『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』の制作・公開へと続く。さらにそこから17年には物語をリブートする形で2クールのTVシリーズ版『リトルウィッチアカデミア』が放送となる。『デス・ビリヤード』『リトルウィッチアカデミア』共に、それまでは同事業の発表で完結していた委託作品が商業作品へと拡大をすることとなった。

今年も注目作品はあるのだが、とはいえ完成作品の発表方式が安定していないのが困りもので、例年通りであるなら、一部地方局で放送があるかもしれないのだがこれも不明だ。ペイチャンネルの「アニマックス」では毎年放送されているのだが、これも調整中とのこと。正直、もう少し多くの人の目につきやすい発表形式が望まれる。

1/3ページ

最終更新:3/29(金) 18:11
otoCoto

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事