ここから本文です

両手があいて「ながら」で髪が乾かせるスタンド型ドライヤー。子どものイヤイヤも解消

3/29(金) 12:17配信

ライフハッカー[日本版]

ドライヤーで髪を乾かすのがめんどくさい。子どもが嫌がって逃げる。

そんな我が家の悩みを解決してくれたのは、アイリスオーヤマの『ハンズフリードライヤー』。このドライヤー、両手があいて、ながら作業をしながら髪が乾かせるとのこと。

【記事の全画像】両手があいて「ながら」で髪が乾かせるスタンド型ドライヤー。子どものイヤイヤも解消

メーカーからお貸しいただけたので使ってみたところ、生活習慣も改善したので、ご紹介します。

低温風で大風量。持たなくて使えるスタンド型ドライヤー

『ハンズフリードライヤー』は、スタンド型のドライヤー。

ご覧のとおり標準のドライヤーと比べると、やや大きめサイズ。でも基本的に置いて使うので、気にならないと思います。丸くふくらんだ吸気口(ピンク色の部分)が大風量を生み出すしくみのようです。

取扱説明書によると、風量は1分あたり1.6平方メートル。風量がしっかりしている反面、低温風なので子どもがひとりで使うのにも最適だと感じました。

スマホをいじっている間に素早く乾く

なにより、乾くのがはやいです! 手グシを通さなくても自然に乾いてしまうほど。大人のショートヘアなら「ターボ」モード3分で完了。スマートフォンをいじっているうちに乾く手軽さでした。

また、マイナスイオン効果が静電気を抑えてくれるそうです。

消費電力は「ターボ」モード設定時で1200ワット。標準ドライヤーの「ターボ」モードは1300ワットなので、家計にも優しいですね。

子どものドライヤー嫌いは克服できるのか…?

我が家では特に子どもたちに使ってほしかったので、バスルームではなくLDKのリビングデスク上に設置。

キッチンで作業していても目が行き届く安心感もありました。

髪が濡れたまま寝てしまう娘に使ってもらう

小学4年生ともなれば、髪をドライヤーで乾かすのは習慣化しているはず。ところが、我が娘の場合、ドライヤーで耳が熱くなりすぎてトラウマになったのか、いつのまにやら大のドライヤー嫌いになってしまっていました。

髪が濡れたまま寝ていたせいで美容師さんに「髪、傷んでますね……」と言われてしまい、伸ばしていた髪をバッサリ切ってしまったほど。

そんな娘ですが、今回『ハンズフリードライヤー』を自分から「使ってみたい」と申し出てくれました。

1/2ページ

最終更新:3/29(金) 12:17
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事