ここから本文です

“壁ドン”にトキめく乙女心に年齢制限なし! 上白石萌音×杉野遥亮×横浜流星が贈る『L・DK』

3/29(金) 6:01配信

リアルサウンド

 映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(以下、『L・DK』)を観て、トキめかない女子はいるのか。いや、いない。そう断言できるほど、それは“胸キュンストーリー”を見事に具現化してくれている。

【写真】ピンク髪“ユリユリ”で人気沸騰中の横浜流星

 『L・DK』は、2014年に山崎賢人×剛力彩芽で映画化され、“壁ドン”ブームの火付け役となった渡辺あゆの人気作。今回、上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星とキャストを一新し、再映画化した。

 高校生の西森葵(上白石)は、学校一のイケメン・久我山柊聖(杉野)の家でボヤ騒ぎを起こしたことをきっかけに、柊聖との同居生活をスタートする。出会いは最悪だった2人だが、生活を共にするうちに惹かれ合い、ナイショのカップルとして仲良く暮らしていた。そこに突然やってくるのが、アメリカに住む柊聖のいとこ・玲苑(横浜)。2人の仲を認めないという玲苑を説得するためには、“葵の良さをわかってもらうこと”というまさかの展開から、3人同居生活が始まるのだった。

 杉野演じる柊聖は“王子様”と称されるクールなイケメン。容姿端麗で頭脳明晰、運動神経も抜群で女子の人気を一手に引き受ける。だがそれは、あくまで学校での姿。葵と家で二人きりになれば、優しく素直な彼氏。とはいえ、“甘えんぼ”などにキャラ変しすぎることもないのが良いところで、モテ男・柊聖がまるごと自分を愛してくれる(あ、自分ではなく葵だが)幸福感たるや。ちょっぴりイジワルだったり、寂しい時に抱きしめてくれたり、強引に唇を奪われたり……その彼氏感の高さは異常レベル。舞台挨拶の際に、横浜が「キュンキュン通り越してギュンギュンして」と話していたが、それすら飛び越え心臓がつぶれるくらいギュインギュイン。このドキドキは、味わっておかなければもったいないと思ってしまう。

 かたや、『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)の“ゆりゆり”役で大ブレイクを果たした横浜演じる玲苑。アメリカ帰りのため、ちょいちょい飛び出す英語やオーバーリアクションがかわいくてたまらない。玲苑は柊聖をアメリカへと連れていくことを目的としていたが、ひとつ屋根の下での同居生活。葵への気持ちに変化が訪れないはずもなく……。「自分より優れている」と尊敬する柊聖が葵に見せる“普通の彼氏”としての姿にショックを受けていたはずなのに、いつしか変わっていく“モヤモヤ”の在処。そんな心の移り変わりを、横浜は胸キュン要素も絡めつつ、不器用な玲苑を通して体現していく。

 また、何より葵を演じる上白石の愛らしさよ。柊聖と恋人同士であることを周囲に悟られないために、“エアー手つなぎ”を実践しながら学校生活を耐え忍ぶ健気さ。とにかく「柊聖が大好きだから、一緒にいたい」という思いにあふれる葵は、ともすれば重い女になりそうだが、一途で純粋な100点満点女子としてそこに存在している。さらには上白石の強みともいえる、良い意味の“普通っぽさ”が相俟って、ハイスペック柊聖とのカップル感へのトキメキ度数も上昇するのである。

 キャラクター、配役ともに3人のバランスが絶妙な『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』。物語が10代女子向けであることは百も承知だが、日々の生活に疲れがちな大人女子も、初々しい三角関係で“パワー”を補充できることは間違いない。“壁ドン”にトキめく乙女心に、年齢制限なし。ただただ癒しを求めて映画館に足を運ぶのも、悪くないものだ。

※『L・DK』の「・」はハートマークが正式表記。
※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記。

nakamura omame

最終更新:3/29(金) 6:01
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事